「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

リスニングの対策とおすすめ参考書【リスニングの勉強手順完全公開】

リスニングの対策とおすすめの参考書・教材 リスニング

「英語のリスニングってどのような教材を選んで勉強すればいいかわからない」

「リスニングの勉強手順が知りたい!」

「なんでリスニングができないのかわからないけど、とりあえず勉強している」

リスニングの勉強ってなかなか学校では教わらないし、市販の教材は多すぎて選べないし、どのような手順や方法で勉強したらいいかわからない。

自分自身も、英語の勉強を始めたての時は、リスニングは全然学校では教えてくれなくて、勉強法が分からず自分なりに勉強してみたものの全然わからず、伸び悩んでいた時がありました。

リスニング勉強の手順や方法がわからないまま勉強していると、いつまでたってもできるようになりません。

しかし、現在ではTOEICリスニングで495点(満点)・英検1級リスニングで93%を取れるくらいになりました。

この記事では、これまで自分がやってきたリスニングの勉強法と勉強の手順などをご紹介していきます!

この記事を読んで得られること

・リスニングの対策が分かる
・リスニングの参考書が分かる
・リスニングの学習手順と方法が分かる

notecontent

リスニングの対策と勉強手順

リスニングってどのような学習手順でしたらいいのかわからないですよね。

まずここでは、リスニング学習の全体像とリスニングができていない理由について書いていきます!

学習を始める前や行き詰っている時に、どのような手順で学習を始めたらいいのかの手順やプロセス、できない理由が分かるとサクサク勉強を進めることができます。

リスニングができない理由

なぜがリスニングができないのか、リスニングができない理由は主に5つあります!

  1. 英語の発音を理解してない
  2. 音をつながりで聞き取れていない
  3. 文法やコロケーションの知識が生かせていない
  4. 長い文についていけなくなる
  5. 音からイメージを作れていない

リスニングができていないのは、そもそも単語一つ一つがどのように発音されるかわからないことが理由として挙げられます。

そして、単語一つ一つが集まって文として流れてくるときには、その単語同士のつながりを理解できずに、さっぱり意味が分からなくなりどこで音や意味を区切ればいいかわからなくなってしまいます。

リーディングで身に着けた文法やコロケーションの知識がないと万が一、音を聞き逃した時に空白を埋めることができなくなります。

そして文法もできているはずなのになぜか、リスニングできないなという方は、長い文についていけず、聞いた内容を忘れてしまうということがリスニングができない原因として挙げられます。

逆に文法やコロケーションができていると、リスニングで万が一聞き取れなかった部分を埋めることができます。

最後に、リスニングができない理由として挙げられるのが、「音声として入ってきた英語からイメージを構成していくことができない」ということです。

リスニングをできるようにするためにはこれらの理由をつぶしていかなくてはなりません。

そこで、これらのリスニングのできない5つの理由をつぶすためにオススメの参考書やサービスをの勉強手順をご紹介していきます!

リスニングができない・聞き取れない理由についての詳細はこちら
https://gensoudiary.com/lisdekinai/

リスニングの勉強手順

リスニングは、六段階で勉強していきましょう!

  1. 発音勉強
  2. 単語ごとの勉強
  3. 文での勉強
  4. 長文での勉強
  5. リスニング教材での勉強
  6. Youtubeでの勉強

リスニング勉強では最初にいきなり、リスニングの教材をやるのではなく発音の勉強をしましょう!

リスニングの学習でつまずく人で多いのが、発音をしっかりやっていなかった人です。

英語話者と日本語話者が認識できる音の数は、 日本語約70個、英語は約500個以上と言われています。

まずは短い単語から発音の勉強をして正しい発音で話せるようになりましょう。

話せるようにならないと自分の耳もついてきません。

短いものからだんだん量を増やしていき次第に長いものを聞きとれるようになりましょう。

リスニングの全体像はこのような感じです。

それでは、各段階でのおすすめのリスニング教材をご紹介していきます!

リスニングにオススメの参考書・教材

ここでは、

  1. 発音勉強
  2. 単語ごとの勉強
  3. 文での勉強
  4. 長文での勉強
  5. リスニング教材での勉強
  6. Youtubeでの勉強

の順番でおすすめの教材や参考書、サービスをご紹介していきます!

リスニングに必要な発音の勉強

英語の発音の勉強をまずご紹介していきます!

英語の発音の勉強をすると、日本語と異なる英語の音を認識することができるようになりリスニングの下地が作られます!

世界一わかりやすい英語の発音の授業

英語の「発音のルール」が分かるようになると、きちんと話せるようになれるだけでなくきちんと聞き取れるようにもなります。

この本では、英語が聞き取れない原因である「発音のルール」をひとつずつ解説しています。

私が大学受験の際にめちゃくちゃお世話になった「関正生」先生が書かれてるのでガチでおすすめします。

英語耳

こちらの参考書では、英語独特の発音を習得することができます。

あなたはbatとbutを発音し分けられますか?

自分で発音できない音は聞き分けられないというコンセプトをもとにかかれている参考書です!

英語の発音といえば、この本となるほど有名な本です!

英語の発音に関しては以下の記事を参考にしてください!☟

単語と長文でリスニングを鍛える

次は単語と長文に付属しているCDで勉強しましょう!

英語耳などでそれぞれのアルファベットの発音などを学んだら、それを活かして英単語の発音や、英文の発音を行います。

ですので、英単語などの参考書はできるだけCDなどの音声を確認できる教材を使うようにしましょう。

(単語帳にCDがついてない場合は、ネットで調べることができますので大丈夫ですが)

これまで私が使用した単語帳と、英文解釈の参考書、そしてお勧めの英語長文の参考書はこちらに記載してあります!

リスニング教材で鍛える

次にリスニング教材で徹底的にリスニングを鍛えていきましょう!

これらの教材は、余裕があれば単語や文法、長文の勉強と並行して勉強できると最高です。

本格的なリスニングをする事でこれまでのインプットをアウトプットしていき、自分が聞き取れていないところを発見していきます。

日本人は英語のここが聞き取れない

この参考書では、日本人が陥りがちなリスニングの弱点に鋭く迫り、原因を探りつつ役立つアドバイスを提供しています。

ディクテーションに力を入れている参考書で、どの単語のどこが聞き取れなかったのか課題を発見することができる参考書となっています!

【この本の特徴】

  • 日本人が間違えやすい箇所を重点的に学べる
  • 正答率が掲載されている
  • 聞き取れない原因をしっかり理解できる

リスニングのトレーニング

この参考書は、ディクテーションをする事によりリスニングのトレーニングをすることができます!

この参考書は、3つのセクション+実力判定問題で構成されています。

セクション1「Chunking」では意味のかたまり(Chunk)で区切って読まれ、ディクテーション演習ができます。
セクション2「会話問題」では、過去の入試問題を中心にさまざまな問題で、会話問題を練習。
セクション3「社会的文章」では英問英答の力をつけます。

CD収録内容
Disk1:Section1-1~6、2-1~5(約69分)
Disk2:Section3-1~5、実力判定問題 第1、2回(約37分)

入門・必修・上級と3つのレベルで段階的に学習することができます。

キムタツの東大英語リスニング

キムタツの東大英語リスニングは、かなり詳しく解説が書いてありますのでなぜここが聞き取れなかったのか理解できなかったのか、どの能力が必要だったのかを学習することができます!

通常の参考書では解答とスクリプトが書いてある程度ですが、キムタツは問題を解いてくプロセスをしっかり解説しています

東大英語リスニングと書いてありますが、東大を受ける予定ではない方でもおすすめです!

BASICからSUPERまで難易度がありますのでレベル別に勉強できます。

SUPERまでやることができれば、英検準一級やTOEICリスニング400点以上取ることができると思います

【東大英語リスニングの特徴】

  • 解説が詳しい
  • 難易度が高く問題量が多い
  • SUPERではエアコンのノイズやホールの反響などのノイズで再現するこだわり

キムタツの参考書がすべて終わったら、リスニングの基礎力は付きだいぶ英語を聞き取れるようになっていると思います。

後は、それぞれの学習目的に合わせ勉強をしましょう。

英検や、TOEIC、TOEFLなどなどそれぞれ対策をしていくのをお勧めします!

スタサプでディクテーションとシャドーイングを勉強する

ディクテーションとシャドーイング両方できる教材でおすすめなのが 

【スタディサプリ ENGLISH】

です!

リスニングの教材ってCDを再生して本を開いて勉強しなくてはいけないので少し面倒くさいですよね。

CDをスマホに入れたりなどいろいろ手間がかかります。

しかし、スタディサプリイングリッシュではスマホやタブレット上で簡単にいつでもどこでもリスニングを勉強することができます!

リスニング学習に大切なディクテーションとシャドーイングが効率的にできます!

本での学習は苦手という人にはお勧めです。

リスニングに不可欠なディクテーションとシャドーイングが勉強できるだけでなく、私の英語の恩人である「関正生」先生の講義も受けることができます。

関先生は、「英語の面白さが初めてわかった!」「文法や単語を丸暗記しなくても意味が読み取れるようになった!」の声多数の超人気講師!

気になった方はぜひ無料体験してみてください!

\7日間無料体験キャンペーン中/

YouTubeでリスニングの勉強をする

最後に、リスニングの勉強はYOUTUBEでやるのをお勧めします!

YOUTUBE は、大量のコンテンツを無料で受講することができます。

私のおすすめのチャンネルは以下のの記事で紹介していますのでぜひ見てみてください。

リスニングの対策とおすすめ参考書・教材まとめ

以上が、リスニングの対策とおすすめの参考書でした!

ここまでまとめると、リスニングの勉強手順は

①発音の勉強をする
②単語ごとの発音勉強(単語学習の際にやる)
➂文単位でのリスニング。(英文解釈書のCD)
④長文のリスニング(長文参考書のCD)
⑤リスニング教材でのリスニング
⑥Youtubeリスニング

の手順で行っていき、リスニングができない5つの理由をつぶしていきましょう。

  1. 英語の発音を理解してない
  2. 音をつながりで聞き取れていない
  3. 文法やコロケーションの知識が生かせていない
  4. 長い文についていけなくなる
  5. 音からイメージを作れていない

リスニング学習は、今回紹介した勉強法と手順で進めていただければ幸いです。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
TOEICリスニングで満点を取る方法⇒ https://gensoudiary.com/toeiclisfull/

コメント