スパトレの口コミ・評判は?教材や講師についても解説します

スパトレの口コミ・評判は?教材や講師についても解説しますオンライン英会話

英語トレーニングサービス「スパトレ」。2019年4月のサービス開始以来、多くの人気を集めている英語学習関連サービスですが、まだまだ新しいだけあって、詳細な情報や口コミを頻繁に見かけることはあまりないでしょう。

ですが、利用者から絶大な支持を集めていて、今も利用者がどんどん増えているということですから、その効果やサービス内容が気になりますよね。

そこでこの記事ではスパトレについて、その特徴や評判、メリット・デメリットなどをまとめてみました。この記事を参考にすれば、スパトレが自分に合ったサービスなのかどうかがわかるはずです。




スパトレの特徴を紹介

スパトレは自習を中心とした英語トレーニングを提供しているサービスです。今人気が急上昇中のコーチング英会話と少し似ている部分もありますが、全般的には質の異なるサービス内容となっています。

まずはそんなスパトレの特徴をご紹介していきます。

低価格で英語学習ができる

スパトレは月額4,900円から始められるということで、かなり格安な価格設定がされています。4,900円というと、多くのオンライン英会話と同じくらいか、それより安いくらいですよね。

この価格で毎日サービスを利用でき、どのプランを選んでも1日1回トレーニングを受けることができます。トレーニングだけで価格を算出しても、4,900円のプランなら単価が160円程度ととてもお得!

げんそー
げんそー

プランによってはもっとレッスン単価が下がり、サービス内容を考えるとかなりコスパが良いと言えるでしょう。

※プランや月額については後述します。

一人一人に最適な学習方法と教材を提案

トレーニングの流れ

スパトレに入会すると、まずは実力テストが行われます。この実力テストで、利用者一人一人の英語レベルを7つの観点からチェック。それに応じて、最適な学習方法や教材を提案してくれるのです。

いぬ
いぬ

このあたりは、コーチング英会話に似ているね。

げんそー
げんそー

利用者はこの時提案された学習方法や教材に沿って、学習を進めていくことになるんだ。

自分にぴったりの内容になってるから、より効果的な英語学習が実現できるんだ。

自習を重視したカリキュラム

スパトレは大量のインプットと少量のアウトプットを学習の基本としています。インプットは自習となっていて、アウトプットは授業で行われます。

自習と授業形式のトレーニング(1回25分)がセットになったカリキュラム構成ですから、トレーニングを予約してしまえば自習をサボるということもなくなるでしょう。予約はトレーニングが終わる度に繰り返すため、学習習慣が自然と身に付きます。

自習後のトレーニングは、外国人トレーナーにより行われます。自習した内容がしっかり身についているのかチェックしたり、実践させてくれたりするので、より学習した内容が定着しやすくなるのです。

ただしコーチング英会話のように、毎日の自習後にコンサルタントやサポートに、学習結果を報告するようなシステムはありません。自習後のチェックはトレーニングで行い、それが終われば次の自習を進めていきます。

ただし、トレーニング後には講師からのフィードバックやトレーニングの録画を見て復習することができるので、モチベーションは保ちやすいでしょう。

科学的な研究結果を反映した学習内容

スパトレでの学習は淡々と自習をして授業で復習する……と進んでいくわけではありません。

その学習内容は、第二言語習得論や認知心理学、脳科学などの研究結果が活用された、確実に英語身に付く内容です。

自習中心というのも、第二言語習得論に基づいた方法であり、根拠がしっかりあるのですね。

それだけの内容をこの低価格で実現しているのは、スパトレ以外にはなかなかないでしょう。

スパトレの口コミ・評判

ネット上の口コミや評判を調べてみると、スパトレの利用者からはこんな口コミ・評判が寄せられていました。

気になる口コミ
  • 自習をしないとオンライン英会話と変わらない
  • 無制限でも連続してレッスンを取れない
  • フィリピン人講師が中心のため通信の質が気になることも
良い口コミ
  • レベルに合った学習が進められる
  • 値段が安い
  • 講師の質が高い
  • 自習をきちんとしていれば確実に力になる

スパトレの評判は概ね良く、レベルに合った学習ができることや、その価格には特に好評価が集まっていました。それでいて講師の質が高いということですから、コスパはかなり良さそうですね。

また、自習したことをトレーニングで復習するスタイルのため、きちんと自習している人は上達を感じているようです。

一方で、自習は強制ではないため、自習をしなくてもトレーニングの予約ができてしまうところが気になっている人もいるようでした。自習なしでレッスンを受けるなら、オンライン英会話と変わらなくなってしまうでしょう。

スパトレには無制限プランがあるのですが、2レッスン以上連続して予約ができるわけではありません。1回ごとに予約をすることになるため、それが面倒だと感じる人もいるようです。

そしてフィリピンの通信回線に悩まされる人もいました。これについては、フィリピンの事情もあるため、どうしようもないのですが、毎回質が悪いということではないので、多少は我慢する必要があるでしょう。

口コミや評判以外にもTwitterなどのSNSでは、スパトレの利用者が学習進捗などを投稿しています。そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

スパトレはどれくらいのレベルの人に向いてる?

スパトレでは全くの英語初心者から、高度なビジネス英語が必要になる上級者まで幅広いレベルの人に対応したサービスを提供しています。

ですから、現在のレベルを気にすることなく、誰でも入会可能。学習内容も一人一人のレベルに合わせたものになるため、簡単すぎる・難しすぎるなんてこともありません。

ただし、スパトレの講師はフィリピン人など非ネイティブ講師なので、上級者の中でもネイティブレベルを目指す英語力を持つ人だと、物足りなく感じるかもしれません。

そのため、いわゆる「超上級レベル」と言われるレベル、つまり英検1級取得者、TOEIC990点もしくはそれに近い人、「CEFRスケール」というものでC2レベルに当たる人などだと、他のサービスを利用した方が効果的な学習ができるでしょう。

スパトレの講師について感じたこと

スパトレの講師(トレーナー)

スパトレの講師はフィリピン人です。そのため、講師の質について気になる人もいるでしょう。そこでスパトレの講師について感じたことをまとめてみました。

真面目なフィリピン人講師が多い

前述のとおりスパトレの講師はフィリピン人なのですが、どの講師も真面目で英語教育の経験が豊富だと感じました。

フィリピンは外国人に対する英語教育が大きなビジネスになっている国で、外国人向けの英語教育の歴史も長いため、講師に対するトレーニングも整っています。そんな背景から、フィリピン人講師はネイティブ講師顔負けの非常に指導力がある講師も多いんです。

ですから、フィリピン人講師だからといって、不安を感じる必要はないでしょう。もしもネイティブ講師に劣ることがあるとすれば、英語の流行語やスラングなどでしょうか。

しかし流行語やスラングは英語圏の中でも土地によってかなり違うため、ネイティブ同士であってもわからないこともあるくらいです。それを考えると、フィリピン人講師に習うデメリットはないと言えるでしょう。

講師の数はそこまで多くはない

スパトレは講師の質は良いのですが、講師数が多いわけではありません。利用者にしっかりトレーニングを提供できるだけの講師は揃っていますが、大勢いるわけではないので時間帯によっては予約の取りづらさを感じることもあるでしょう。

しかし、利用者が増えるにつれ講師の数も増えていくはず。この点に関しては、今後に期待といったところでしょうか。

スパトレではどんな教材を使うの?

スパトレの教材を一部紹介

スパトレでは最初の実力テストの結果に沿って、取り組むべき教材が提案されます。

この時に提案される教材には、オリジナル教材と市販教材があります。オリジナル教材は無料、市販教材は有料です。

下記の表に教材の一例をまとめてみたので、こちらも参考にしてください。

オリジナル教材多読教材(ジブリなど)
多聴教材(TED Talkなど)
ライティング教材(Academic Writingなど)
ビジネス英語教材(Discussion, Pressentationなど)
各種検定対策教材(英検、IELTSなど)他
市販教材各種検定関連(英検、TOEIC、IELTS、TOEFL)
語彙力教材
英文ライティング教材
瞬間英作文
ビジネス英語教材 他

少し例を挙げてみただけでも、これだけの教材の種類があります。かなり教材の種類は豊富だと言えるでしょう。

英検だと1級の対策教材もありました。英検1級の対策をしてくれるところは、この価格帯だとなかなか見つからないので、これはとても嬉しいポイントですね。

スパトレの料金について解説

スパトレでは2つのプランが提供されています。その2つを比較しやすいように、表にまとめてみました。

プラン名スパトレプラン無制限プラン
月額4,900円6,380円
トレーニング回数1日1回無制限

「スパトレプラン」は1日1回トレーニング予約をして、学習を進めていきます。無理がない学習ペース+継続しやすい価格設定なので、まずはスパトレを試してみたいという人にもおすすめ。

一方「無制限プラン」は、なんとトレーニング回数が無制限!1日何度でもトレーニングを受けることができるので、集中して自習ができる時間を取って、短期間で英語力をアップしたい人におすすめです。

スパトレプランの4,900円は支払いやすいと感じる価格でしょう。しかし、コスパで言えば無制限プランの方が圧倒的にコスパ良。

毎日じっくり学習に取り組める時間がある人や、スパトレプランが物足りないと思い始めた人は、無制限プランの受講がおすすめです。

他のオンライン英会話とスパトレの料金を比較!

スパトレと他社の比較

スパトレは自分のレベルに合った自習を進めるという点ではコーチング英会話に似ているのですが、価格帯やトレーニングの形式としてはオンライン英会話が対抗馬となるでしょう。感覚的には自習付きのオンライン英会話といった趣ですよね。

そこで、他の1日1回以上レッスンが受けられるオンライン英会話数社とスパトレの料金を比較してみました。

サービス名月額レッスン回数
スパトレ4,900円1日1回
DMM英会話6,480円1日1回
NativeCamp6,480円無制限
レアジョブ6,380円1日1回
QQ English10,648円月30回
kimini英会話5,480円1日1回

※レッスン25分・1日1回(もしくは無制限)のプランを参考に比較しています

いかがでしょうか。普通のオンライン英会話と比べても、スパトレが安価なことがわかるでしょう。さらにスパトレでは、自習計画も提案してもらえ、自習結果をトレーニングで確認できるというサービスまでついているので、そのコスパの良さは一目瞭然ですね。

もちろん他のオンライン英会話でも、自習ツールの準備はあります。しかし、スパトレのように自分に合った自習を進め、その自習内容に沿ったレッスン(トレーニング)があるというのは、同価格帯の英語学習関連サービスではなかなかないでしょう。

スパトレのメリット・デメリット

ここまでの内容も踏まえつつ、スパトレのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。スパトレを利用してみたいと思った人は、こちらを参考に検討してみましょう。

スパトレのメリット

  • 気軽に始めやすく続けやすい低価格
  • 毎日トレーニング(レッスン)が受けられる
  • 自分のレベルにぴったりな学習が進められる
  • 科学的な根拠に基づく学習内容で定着しやすい
  • 各種試験対策ができる

スパトレにはたくさんのメリットがありますが、低価格で毎日トレーニングができるというコストパフォーマンス面は多くの人にとって一番の魅力でしょう。

それでいて、自分のレベルにぴったり且つ科学的な根拠に基づく学習内容になっているので、効率良く英語を学ぶことができます。

また、この価格帯では珍しく英検やTOEICだけではなく、IELTSやTOEFLといった検定の対策ができるのもポイント。どんな目的の人でも自分に合った学習が進められるのは、スパトレの大きな強みです。

スパトレのデメリット

  • 講師がフィリピン人(ネイティブではない)
  • 自習はしなくてもトレーニング(レッスン)が受けられる
  • 思うようにトレーニング(レッスン)予約が取れないことも

デメリットとしては、講師がフィリピン人というのが挙げられます。厳密には学習する上でのデメリットにはなりませんが、この点が気になる人もいるかもしれません。

しかし、もし講師がネイティブだった場合、この価格でのサービス提供は難しいでしょう。この価格帯でネイティブ講師に勝るとも劣らないレベルのトレーニングが受けられるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

学習面では、自習に強制力がないことが気になるポイントかもしれません。自習をせずにトレーニングをすることもできますが、これだとオンライン英会話と何も変わらなくなってしまい、スパトレだからこその恩恵を受けることができません。

しかしこれは、利用者側の問題のため、スパトレの効果を実感したいなら自習を必ずするようにしましょう。

講師の数が多いとは言えず、時間帯によっては予約が取りづらいことはデメリットになり得ます。特に無制限プランで1日に1回しか予約が取れなかった場合、損をしたように感じられるかもしれません。

特に生活上の理由で、予約できる時間が限定されている人は、まず「スパトレプラン」から始めて、予約枠の様子をみてみることをおすすめします。

スパトレが向いてるのはこんな人

  • 低価格で質の高い学習を求めている人
  • 本気で英語力をアップしたい人
  • 自分のペースで自習をしたい人
  • 検定対策をしたい人

スパトレは低価格で効果的な学習ができるサービスです。ですから、コストパフォーマンスを重視する人にはぴったり。

また、じっくり取り組めば必ずレベルアップできる学習内容なので、本気で英語力をアップしたいと考えていて、モチベーションを保てる人には最適なサービスです。

それでいて、コーチング英会話のように時間割を決められているわけではないので、自分のペースで自習ができるのも魅力。がっちり全てを決められるのが苦手なら、スパトレでの学習は快適なはずです。

また、スパトレは検定対策が充実しているため、英会話力や英語の総合力をアップしたい人だけではなく、検定対策をしたい人にもおすすめ!ライティングやスピーキングといった一人では対策が難しい分野も講師と一緒に対策できるので、合格率がぐんとアップするはずです。

スパトレは7日間の無料体験実施中!

今回ご紹介した内容を見て、スパトレを試してみたい!と思った人もいるのではないでしょうか。

スパトレでは、7日間の無料体験を行っています。この7日間は、スパトレのサービスをほぼ全て体験できるため、本当にスパトレが自分に合っているのか、英語が上達しそうなのかを見極めることができるでしょう。

もしも合わないと感じれば、7日以内に解約すれば費用は一切かかりません。まずは1週間、スパトレを体験してみてはいかがでしょうか。

コメント