「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

英作文のおすすめの参考書と勉強法!【英作文のロードマップ】

英作文のおすすめ参考書と勉強法 英語

「英作文の勉強ってどう進めていけばいいのかわからない。」

「英作文でおすすめの参考書とかないのかな?」

「英語長文とかはある程度勉強手順分かるけど、英作文って何をどこからどんなふうに勉強したらいいのかわからない!」

英作文をいきなり書き始めてもできるようにはなりません。

きちんとしたステップを踏んで英作文は勉強していきましょう。

この記事では、英作文についての勉強にお悩みの方に向けて英作文の勉強手順と具体的な参考書などを書きました!

自分自身英作文は独学で勉強していて、英検1級ではなかなかてこずった技能ですので少しでも参考になるのではないかなと思います。(1級の英作文では75% 24/32点でした)

この記事を読んで得られること

・英作文の必要性が分かる
・英作文の勉強手順が分かる
・英作文のおすすめの参考書が分かる

notecontent

英作文はなぜ勉強する必要があるの?

「そもそもなんで英作文を勉強する必要があるの?」

「英作文を勉強するとどんなことが起こるの?」

ここでは英作文を勉強する意味そして、英作文を勉強して得られるメリットについて書いてきます。

結論から言いますと、英作文をすると

・スピーキングの練習になります
・読解が速くなります

というメリットがあります!

以下詳しく説明していきます。

スピーキングの練習になる

一つ目は英作文は、スピーキングの練習になります。

スピーキングと英作文では使う英単語などが変わりますが、英作文はスピーキングの練習になることは確かです。

というのも、スピーキングでは脳内で瞬間的に英作文をして話します。

英作文のインプットがあると、瞬間的に英語を作る能力が上がるので英作文は役立ちます!

論理的思考力が上がる

二つ目は、「論理駅思考力が上がり、長文の読解力が上がる」ということです。

自分が実際に文を作る側になると長文を読む際に論理的に文を読むことができるようになり、ある程度展開を推測しながら読むことができるようになります。

なんでここにこの文を挿入したのか?など細かい所に目が行くようになり、読解の深さも深まります。

英作文の勉強法と手順

それでは、英作文の勉強プロセスや過程について書いていきます。

どのような過程で英作文の勉強をしていけばよいのか一つの指針としてみてださい!

英作文の勉強は大きく、インプットとアウトプットで分れます。

・インプットでは、①フレーズ②構成➂知識で構成されます。

・アウトプットは、インプットした英語を使い実際に作文を書き終わった英作文の添削をしていきます。

英作文を書くのに必要なフレーズや文法事項などをまずインプットし、その次に論理的な構成を作るのに必要な英語をインプット。最後に英作文を書く際に必要な背景知識をインプットするようにしましょう!

背景知識は、英検1級や難関大学の英作文では背景知識が英作文を書く上では必要になってきます。

背景知識がないと☟の様な英作文は書くことができないと思います。

” Does the Japanese government have much control over the economy? “

日本語でも難しいですよね。

なので背景知識は必要なのです。

そしてアウトプットでは、これまでインプットしてきた知識をもとに英作文を実際に書いていきます。

この際は、論理が破綻していないかや文法が間違っていないかの添削を行ってもらい確認していくことが必要です。

英作文のおすすめ参考書・問題集

それでは、英作文のおすすめの参考書と問題集をご紹介していきます!

どの参考書・問題集も素晴らしいので気になったものがあれば覗いてみてくださいね。

ドラゴンイングリッシュ

「ドラゴンイングリッシュ」は英作文のインプットとしておすすめする一冊です!

日本語をいかにして英語で表現できるようにするかの頭の使い方が学べる一冊で、英作文初心者の方には特におすすめです!

ドラゴンイングリッシュについて詳しく説明されている動画です☟

【気になる一冊を完全紹介!!】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100|武田塾厳選! 今日の一冊
特徴
  • 厳選された100の英文
  • 時制と論理に重点を置いている

よくばり英作文

よくばり英作文はひたすら英語フレーズをよくばった一冊です。

掲載例文が418個と多くインプットをしまくりたい方にオススメです。

英作文でも日常会話でも使える英文が掲載されています!

よくばり英作文の特徴
  • 充実の例文数(418文)
  • 日常でも使える表現掲載

瞬間英作文トレーニング

瞬間英作文は英作文系の参考書では、1,2位を争うくらい有名な参考書です。

この参考書は、 中学レベルの文章から順に日本語を見て瞬時に英語を思い浮かべられるように練習することで試験本番で迷うことなく英作文を作っていけるようになります。

英文法の知識を使えるものにするのに効果的な参考書です!

瞬間英作文の特徴
  • 知っている英語を使える英語にアップデート
  • 文法を復習できる

解体英語構文

解体英語構文は、 難関大学やセンター試験の頻出問題から285構文が厳選されている参考書です。

解説がしっかりしていて英作文の基礎となる構文を効果的に学ぶことができます!

解体英語構文の特徴
  • 構文を学ぶことができる
  • 実際の入試問題でインプットアウトプットがすぐにできる

英作文ハイパートレーニング自由英作文編

英作文ハイパートレーニングは、これまでインプットしてきた内容をアウトプットできるようにするための最初の一冊となります。

ハイパートレーニングは、 四部構成で『エッセイライティングの基礎』『五タイプ別出題傾向演習』『要約対策』『手紙・Eメール形式問題対策』で構成されています!

実際に英作文を書いていくためのアウトプットの一冊目としておすすめの一冊です!

英作文ハイパートレーニングの特徴
  • パラグラフの構成の仕方を基礎から学べる
  • 要約問題を学ぶことができる
  • 実践的な英作文参考書の初めの一冊に最適

減点されない英作文

減点されない英作文は、英作文で減点されないために必要なことを学べます。

どこで失点しやすいのかなどを考えられた参考書で、英作文はある程度かけるようになったけどまだ失点するなという方にオススメの一冊です!

減点されない英作文の特徴
  • 時制や冠詞などよくするミスを重点的に解説
  • 英語特有の表現を学べる

特訓ライティング

最後にオススメするのが特訓ライティングです!

アウトプットをしたい方にとてもおすすめの参考書で 「描写・説明型問題」,「意見論述型」,「要約型」,「資料融合型」の問題から構成されます!

「解説が、至れり尽くせりで疑問点が残りません 」
という声もあるほど丁寧な解説がなされているほど解説がしっかりしている一冊です!

特訓ライティングの特徴
  • 試験官の視点を得れる。(自己採点で『内容面』『表記面』を考え採点)
  • 自由英作文のプロセスを学べる
  • アウトプットしたい方にオススメ

英作文のアウトプットで使いたいサービス

英作文って一人でやってると「本当にこれあってるのかな?」ってなりがちですよね。

「英作文ってやっぱり一人で勉強していると、添削できないしどこが間違っているのかとかの客観的な採点がどうしてもできない」

自分も一人で英作文をやっているときはこれ本当に大丈夫なのだろうかって何度も一人でネットで検索していたりしていました。

英作文の添削ってなかなかやってくれる人いないしなと悩んでいる方多いと思います。

そんな方にオススメなのが、

「書いて、話す」オンライン英会話 ベストティーチャー(Best Teacher)

です!

月額料金12000円~
レッスン形式マンツーマン

講師

セルビアやフィリピンなど50か国を超える先生が在籍
対象生徒子どもから大人までニーズに合わせて
無料体験

1レッスン無料体験

ベストティーチャーは、「書いて、話す」オンライン英会話なのでライティングの力もつけつつスピーキングの力も身に着けたいという方にオススメの英会話スクールです。

ただ料金が12000円とほかのオンライン英会話と比べたら高いのでそこがデメリットなのですが、英作文の添削をわざわざ頼んだりしたくないなという方にはぴったりです。

\1レッスン無料体験を始める/

個人的には、ネイティブキャンプで日本人の先生を予約して英作文を添削してもらったりフィリピン人講師にレッスン中に頼んだりしています。
(こちらの方が安く済みますが、アドバイスはそれほど的確ではないかもしれません。英作文コースはネイティブキャンプにはないので。)

英作文おすすめの参考書と勉強法まとめ

以上が、英作文の勉強法と参考書でした。

英作文はなかなか一人で対策するのが難しい技能ですが、今回紹介した参考書やサービスを使い勉強していただければ幸いです!

ここまでおさらいすると、英作文の勉強は大きく、インプットとアウトプットでわけられ、

インプットでは、①フレーズ②構成➂知識で構成されます。

アウトプットは、インプットした英語を使い実際に作文を書き終わった英作文の添削をしていきます。

英作文を書くのに必要なフレーズや文法事項などをまずインプットし、その次に論理的な構成を作るのに必要な英語をインプット。最後に英作文を書く際に必要な背景知識をインプットするようにしましょう!

それでは英作文の勉強頑張ってください!

英語
スポンサーリンク
Genglish

コメント