「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

TOEICリスニングが聞き取れない!リスニングの難しい・苦手を克服する勉強法紹介

TOEICリスニング TOEIC

「TOEICのリスニング全然聞き取れない!」

「集中力が持たなくなってしまった。」

「音声が速すぎて全然聞き取ることができなかった!」

TOEICのリスニングに関してそのような「悩み」を持った方多いのではないのかなと思います。

自分自身も、英語の勉強を始めたての時は、リスニングは全然学校では教えてくれなくて、勉強法も分からず自分なりに勉強してみたものの全然わからず、伸び悩んでいた時がありました。

もう本当に、何を言ってるかさっぱり分からなくて、かろうじて一単語聞き取れて推測していき案の定、不正解ということが何度もありました。

しかし、現在ではTOEICリスニングでは495点(満点)を取れるくらいになったので、この記事ではTOEICのリスニング勉強法について書いていきます。

この記事では、リスニングが聞き取れない理由とそういう方に試していただきたい勉強法をご紹介していきます。

なぜ自分はリスニングができないのかその理由をこの記事ではくわしく解説していき、その理由や勉強段階にあったリスニング勉強を採用してみてください!

TOEIC

TOEICのリスニングで高得点を取りたい方は必読です!

リスニングのおすすめ参考書はこちら⇒ https://gensoudiary.com/lisroadmap/
TOEICリスニングで満点を取りたい方はこちら⇒ https://gensoudiary.com/toeiclisfull/


この記事を読んで得られること

・なんで聞き取れないのか理由が分かる
・TOEICリスニングの解き方が分かる
・リスニングの本質的な勉強が分かる

notecontent

TOEICリスニングが聞き取れないのはなぜ?

「なんで英語の勉強をしているのにリスニング全然聞き取れるようにならないんだろう?」

現在TOEICリスニングの学習中でこのように悩んでいる方多いのではないかなと思います。

ここでは、「なぜリスニングで得点を取ることができないのか」についていくつかの理由を挙げていきます。

当てはまった理由を参考にしてみてください!

  1. 英語の発音を理解してない
  2. 音をつながりで聞き取れていない
  3. 文法やコロケーションの知識が生かせていない
  4. 長い文についていけなくなる
  5. 音からイメージを作れていない

リスニングができない理由としては大きくこの5つがあげられるのではないのかなと思います。

リスニングができていないと、そもそも単語一つ一つがどのように発音されるかわからないことがあります。
そして、単語一つ一つが集まって文として流れてくるときには、その単語同士のつながりを理解できずに、さっぱり意味が分からなくなりどこで音や意味を区切ればいいかわからなくなってしまいます。

リーディングで身に着けた文法やコロケーションの知識がないと万が一、音を聞き逃した時に空白を埋めることができなくなります。

文法やコロケーションができていると、リスニングで万が一聞き取れなかった部分を埋めることができます。

そして文法もできているはずなのになぜか、リスニングできないなという方は、長い文についていけず、聞いた内容を忘れてしまうということがリスニングができない原因として挙げられます。

最後に、リスニングができない理由として挙げられるのが、「音声として入ってきた英語からイメージを構成していくことができない」ということです。

TOEICリスニングの攻略

それでは、TOEICのリスニングで高得点を取るのにTOEICではどのように対策したらよいのか書いていきます。

上であげた5つの理由のうちどれが、当てはまっていくのかについても解説しています!

スコア別目標点数

TOEICリスニングの詳しいパート説明ついてする前に、少しだけスコア別目標点数について書きました。

ご自身の目指しているスコアと照らし合わせてみてください!

具体的に、どのパートで何点を取得することができたらよいのか目標を設定することができます。

リスニング目標スコア 250点 300点365点450点
Part 13問/6問
(50%)
4問/6問
(67%)
4問/6問
(67%)
6問/6問
(100%)
Part 216問/25問
(64%)
 19問/25問
(76%)
21問/25問
(84%)
24問/25問
(96%)
Part 3 14問/39問
(36%)
23問/39問
(59%)
28問/39問
(72%)
33問/39問
(85%)
Part 411問/30問
(37%)
18問/30問
(60%)
22問/30問
(73%)
26問/30問
(86%)

リスニングで共通していえること

TOEICリスニングのどのパートでも共通していえることがあります。

それは、以下5点です!

  • 問題は先読みする
  • 問題文からイメージを膨らませる
  • 迷った問題は切り捨てる
  • 出だしに注意
  • Directionはきかなくていい

①問題は先読みしましょう!

②その際は、問題文からどのようなことがはなされるのかについてイメージを膨らませながら先読みしましょう。

➂そして、迷った問題は切り捨てることです。

迷った問題を切り捨てるってなかなか難しいですよね。

しかし、一度迷ってしまうと後の問題に影響を与えてしまい、先読みできないとか迷った問題が頭の中にいて次の問題に集中することができないということが発生します。

④さらに、出だしに注意しましょう。

出だしでどのようなことがこの問題で聞かれているのかを判別しましょう。

出だしを失ってしまうと修正していくのが、かなり難しいです。

⑤そして最後に、問題の指示文はきく必要がありません。

TOEICのリスニングでは、毎回読まれる内容が同じなのでその部分に時間を与えず、先読みに時間を費やしましょう!指示文で何が言われているかは、模試などで確認しておきましょう。

以上が、TOEICリスニング対策で共通していえることです。

PART1

https://www.iibc-global.org/

ここからは、TOEICの各パートでの対策法についてです!

TOEICリスニングのパート1は、写真があってそれについてナレーターが簡単に一文で描写し、正解を選ぶ問題ですね。

この問題で自分が意識していたのは、音声が流れ始める前にこの問題で使われそうな単語や文を可能な限りイメージすることです。

この準備をすることで、実際の音声が流れてきたときに使われそうな単語だなってやつが流れたら要注意して聞きましょう。

「絵を見る→自分で英語で簡単に表現してみる→音声を聞く」

というプロセスです。

脳内で簡単に英作文を作成してから問題文を聞くようにすると準備満タンでリスニングできます。

このパートが苦手だという方は、「単語の発音」ができていないのではないかなと思います。

単語の発音の勉強法は、パートの解説の後に説明していきます。

PART2

PART2は、質問が流れて( 例:Where is the post office? )それに対して、流れてくる音声から答えを選んでいく形式ですね。

このパートは5W1Hで聞いてくる疑問文が多いので、 … isn’t it? などの付加疑問文に注意して解きましょう。

またたまに想像力を問うような問題があったりします。

いかに音声から想像を作っていけるかの練習を常日頃からしましょう。

これは、TOEICの対策だけではなくリーディングやスピーキングについてもいえることですがいかに英語からイメージを描くことができるかが重要です!

英語→日本語→イメージ

○英語→イメージ

英語という記号から日本語ではなくまずイメージを作り上げていくことを英語の勉強では意識しましょう!

英語からイメージを構成していくのには、初めの単語勉強から意識しましょう。

人間の脳は、文字や数字よりも画像や動画の方が記憶しやすいと言われています。

文字ではなくイメージで覚えることは、脳の負担も下がるのでおすすめです。

PART3、4

https://www.iibc-global.org

PART3,4は会話問題とアナウンスやナレーションの問題です。

PART3,4では電話のメッセージや、宣伝、スピーチやニュース、公共施設でのアナウンスなどが流れます。

これらのパートでは表やグラフ地図などのビジュアル問題に注意しましょう。

このような問題は、なるべく先読み先読みで読んでいきましょう!

先読みする際は、何が聞かれていて何を聞き取れれば正解になるのかをあらかじめ分かる程度に先読みしましょう。

PART3,4では比較的長い文章が流れてきますので、ここができていないという方は、

・長い文についていけてない
・イメージを作れていない

という可能性が高いです!

リスニングの苦手を克服する本質的な勉強法

それでは、どうやったらリスニングができるようになるんだということについて、勉強法を紹介していきます!

これから紹介する参考書やサービスをしっかりやることで確実にリスニングができるようになります!

リスニングの学習手順は、大きく分けると☝のツイートのように三つに分かれるのではないかなと思います。

  1. 発音勉強
  2. ディクテーション
  3. シャドーイング

この手順を意識して学習していきましょう!

意外と忘れがちな発音の勉強

一つ目は、「発音」の勉強です。

発音の勉強は意外とみんな忘れがちで手を抜いているところなのですが、発音を理解しているかしていないかで「」が生まれてきます。

そもそも正しい発音をわかっていない単語を聞き取れることができるでしょうか?

いやできませんよね。

一つ一つの正しい発音を理解することができて、やっと文としてまとまりのある音を聞くことができます。

一番最初に発音の勉強をしておくと確実に後で効いてきますよ。

おすすめの参考書としては、こちらの ネイティブ発音が3D映像でわかる! 英語の発音トレーニングBOOK です!

ネイティブ発音が3D映像でわかる! 英語の発音トレーニングBOOKは、英語の母音や子音が一つ一つ基本から詳しく学べる発音の参考書です。

この本のすごいところは、全ての音に対して口の中の動きが見られる3Dアニメが付いていることです。

DVD で映像を見てネイティブの口の中の動きをみて、CDで実際に声を出して発音やリスニングができるという優れものです。

自分自身この本の存在をもっと早く知りたかった!!!

説明読むだけでこいつ面白そう、絶対買いだろと久しぶりに思わせられた参考書です。

【目次】
PART1 はじめに覚えておきたいこと
PART2 母音の発音
PART3 子音の発音
PART4 R母音の発音
PART5 ネイティブ発音に近づくコツ

英語の発音の勉強法については、以下の記事で詳しく書いてありますのでご覧ください。

ディクテーション

次にディクテーションを勉強しましょう。

ディクテーションを勉強することにより、どこで音のつながりを聞き取ることができなかったのか、文法知識で抜けているのはどこなのか把握することができます!

自分の弱みや抜けをディクテーションによって把握することができます!

ディクテーションはどのようなものかわからない方はこちらをご覧ください。

English Dictation Practice: Advanced Listening Skills

ディクテーションでおすすめなのが、「日本人は英語のここが聞き取れない」です!

この参考書では、日本人が陥りがちなリスニングの弱点に鋭く迫り、原因を探りつつ役立つアドバイスを提供しています。

【この本の特徴】

  • 日本人が間違えやすい箇所を重点的に学べる
  • 正答率が掲載されている
  • 聞き取れない原因をしっかり理解できる

シャドーイング

リスニングはシャドーイングで勉強することが一番効率的です。

シャドーイングのメリットは5つあります!

  1. 発音が向上
  2. 長い文でも集中できるように
  3. 英語のトーンやテンポに慣れる
  4. 集中して聞くことができるようになる
  5. 音のつながりを聞き取れるようになる

シャドーイングは、効率的にリスニング能力を向上させることができます!

シャドーイングはディクテーションほど時間がかからず一気に集中して、勉強することができます。
そして、実際に発音して長い文で英文のトーンやテンポに慣れ、音のつながりを意識しながら集中して英語を聞くことができるようになります!

English Speaking Practice | How to improve your English Speaking and Fluency: SHADOWING

おすすめのシャドーイング本は、こちらの「究極のリスニング」です。

【この本の特徴】

  • 3段階の再生スピード
  • テーマが多様(日常会話から観光地の紹介、ビジネスなど)
  • SVL対応で段階的なリスニングトレーニングが可能

自分のレベルを確認しながら、リスニングを勉強できるのでこの本は特におすすめです。

ぜひこの本でシャドーイングを学んでみてください。

また、シャドーイングに関しての本はたくさんあるので、ぜひ見てみてください。

☝で紹介した参考書が終わりましたらそれぞれスコア目標に合った参考書や問題集を解いてみましょう。

そして、495点を狙っている方にはYOUTUBEでリスニングすることをお勧めします!

ディクテーションシャドーイングでおすすめなのが 【スタディサプリ ENGLISH】です!

このアプリではリスニング学習に大切なディクテーションとシャドーイングが効率的にできます!

リスニングに不可欠なディクテーションとシャドーイングが勉強できるだけでなく、私の英語の恩人である「関正生」先生の講義も受けることができるので、めちゃくちゃおすすめです!

気になった方はぜひ、無料体験してみてください!

\7日間無料体験実施中/

TOEICリスニングの苦手は克服できる

以上がリスニングの学習方法です!

もう一度おさらいすると、リスニングができない理由は5つあって

  1. 英語の発音を理解してない
  2. 音をつながりで聞き取れていない
  3. 文法やコロケーションの知識が生かせていない
  4. 長い文についていけなくなる
  5. 音からイメージを作れていない

です。

そしてそれを解決するには、

  1. 発音勉強
  2. ディクテーション
  3. シャドーイング

をしていきましょう!

私がこれまで勉強してきたリスニングの教材と勉強法についてはこの記事で詳しく書いてあります。

どのような参考書をどの手順で勉強すればいいのかわからない、TOEICリスニングが聞き取れないのを根本的に解決したいという方はぜひこの記事を読んで気になった参考書から勉強を始めてみましょう。

それでは勉強頑張ってください!

コメント