「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

TOEICは時間配分で点数がアップする?965点の私が効率的な時間配分を伝授

TOEICは時間配分で点数がアップする?965点の私が効率的な時間配分を伝授TOEIC

TOEICの時間配分っていったいどのようにやっていけばいいのですか?

理想は、7分8分60分です!
ただスコア別に時間配分と解答のコツが変わるので解説していきます

「TOEICの時間配分はいったいどう振り分ければいいの?」
「900点を取るための時間配分が知りたい!」
「時間配分ってスコア別に違うよね?スコア別で知りたい」

TOEICって時間制限厳しすぎですよね~

私は965点を持っているのですが、それでもTOEICの時間制限は厳しいと思います。

毎回時間との闘いとなっています。

時間との闘いであるTOEICで時間配分をどのように振り分けていくかはかなり重要です!

時間配分次第で、点数が100点以上変わることだってあります。

この記事では、目標スコア別(600/700/800/900)にリーディングの時間配分を解説していきます。

読んだ後にすぐ実行できるので、ぜひやってみましょう!

この記事を読んで得られること
  • TOEICの理想的な時間配分が分かる
  • 目標スコア別の時間配分が分かる
  • リーディングの勉強法が分かる
notecontent

TOEICの理想的な時間配分はこれだ!

TOEICの理想的な時間配分

早速だけど理想的な時間配分はどのくらいなんすか?

7・8・60分でポンポンポーンと解いていくのが理想的な時間配分です!

問題数時間配分1問あたり
Part5307分14秒
Part6168分30秒
Part75460分1分6秒
合計10075分

リーディングは時間制約がかなり厳しいです。

私が880点(L450R430)を取得した際は、本当にギリギリで解き終わりました(顔面蒼白)

ですので、この理想的な時間配分ですべての問題を解き終えることができるのは至難の業です。

リーディングで470点を取得できた際は、この時間配分を見事に守ることができ5分ほど時間が余りました。

体感的にリーディングのすべての問題に目を通し解答することができる余裕を持つのは、リーディング450点以上を狙う方です。

リーディングでそれ以下の点数の方は問題を解き終えることができないのは「当たり前」です。

リーディング450点以下の方は、7・8・60の時間配分を頭に入れたうえで自分の解ける問題と時間がかかり解けない問題を見極めていきましょう!

目標スコアによって時間配分は変わってくるよね~
スコア別の時間配分を教えて!

TOEIC600/700以上を狙う方と800/900以上を狙う方で分けて時間配分を解説します!

TOEIC600・700点以上を狙う人の時間配分

TOEIC600/700点以上の時間配分

TOEIC600点以上800点未満を狙う方の時間配分はこちらです!

問題数時間配分1問あたり
Part53010分20秒
Part61610分37.5秒
Part75455分1分
合計10075分

600点以上800点未満だと基本的に、リーディングは解き終わりません。

なのでPART7の時間配分は55分となっていますが、55分で解き終わらせろということではありません!

600点以上800点未満の場合は正確に問題を解いていくことが重要です。

自分のできる問題を取捨選択して、できない問題があったら思い切って捨てて取れる問題を取りに行くことが必要です。

PART5:10分でじっくり正確に解く

PART5は30問を10分⇒1問あたり20秒

PART5の文法問題は長文より比較的簡単に正解できる問題が多いです。

600点以上800点未満の方は、このパート5の問題はしっかり正解していくことが重要です。

1問あたり20秒となっていますが、問題によってはそれ以上かかる問題もあったり5秒で解けてしまう問題も存在します。

ですので、20秒というのはあくまで目安程度にしましょう。

例えば☟のような問題は10秒以内で解けてしまいますね。

Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily ——- .

(A) complication
(B) complicates
(C) complicate
(D) complicated

20秒というのはあくまで目安なので、自分の最大限の力を出して最長でも20秒です。

ただ文法問題は英語初級者がつまづいてしまうランキングNO1の分野。

私も英文法は大嫌いでした。
しかし、英文法は正しい勉強手順と方法をしているかでできるようになります◎

TOEICの英文法問題にお勧めの問題集や参考書は

で解説しています!

PART6:10分で駆け抜ける

PART6は16問を10分⇒1問あたり37.5秒

PART6は100-200語程度の文が出てきて穴埋め形式の問題となります。

文法や単語問題+簡単な内容確認問題がPART6です。

No. 131
(A) interest
(B) interests
(C) interested
(D) interesting

No. 132
(A) develop
(B) raise
(C) open
(D) complete

No. 133
(A) After all
(B) For
(C) Even so
(D) At the same time

No. 134
(A) Let me explain our plans for on-site staff training.
(B) We hope that you will strongly consider joining us.
(C) Today’s training session will be postponed until Monday.
(D) This is the first in a series of such lectures.

問題の解き方としては、問題文を読んでから設問です。

設問を読んで問題を解くと時間が無くなります。

注意点としては、PART6で難しい問題はNO134のような問題です。

このような問題にこだわりすぎると時間が無くなるので、飛ばす覚悟を持ちましょう。

PART7:取捨選択して効率よく解く

PART7は54問を55分⇒1問あたり1分(すべての問題を解き終わらせなくていい)

TOEIC600以上800未満を目指す方は基本的にリーディングは解き終わりません。

ですので、自分が解ける問題を如何にPART7から探し当て、解けない問題を捨てる決断をするかが重要です。

ここでは、時間のかかる問題・難問の傾向をお伝えし飛ばすべき問題について簡単に紹介します!

  1. 具体的な情報を求める問題
  2. NOT問題
  3. WHAT is suggested/indicated問題

1の具体的な情報を求める問題とは、What やwhoなどで聴いてくる問題です。

この手の問題は解答がシンプルな場合もあるのですが、言い換えられた選択肢で作っていることがある為、解答に時間がかかります。

2は、What is NOT true about~?系の問題です。

選択肢をひとつづ検証しないといけないので時間がかかります。

3は、文章の中のキーワードと選択肢の整合を問う問題です。

選択肢一つ一つ検証しないといけないので、時間配分が狂う可能性がありますね

自分の解ける問題を見極めて解いていくことが重要ですね。

TOEIC600/700以上を目指す方にオススメの参考書や勉強法、メリットについて紹介した記事はこちらです。

TOEIC800・900点以上を狙う人の時間配分

TOEIC800/900点以上の時間配分
問題数時間配分1問あたり
Part5307分14秒
Part6168分30秒
Part75460分1分6秒
合計10075分

TOEIC800/900以上を狙う場合は、時間配分内で終わらせるようにしましょう!

ここでひとつ個人的なアドバイスですが、
TOEIC900点以上を狙う方はPART7⇒6⇒5という流れで解いているといいです。

450以上を取れる方は、文法事項は瞬間で解ける方が多いと思います。

ですので、得点の分かれ目となるのはPART7の長文問題です!

瞬間で解ける文法問題は、時間がなくて焦っても解ける試験終盤に配置。
時間がないと焦って得点がとりにくくなるPART7は試験の序盤に配置する戦法をお勧めします!

PART5は7分で駆け抜けろ

PART5は30問を7分⇒1問あたり14秒

800/900点以上を狙う上級者の方は、文法問題は駆け抜けましょう。

1問あたり14秒程度でパパっと解きましょう。

8分で駆け抜けるPART6

PART6は16問を8分⇒1問あたり30秒

PART6の16問を8分はもしかしたら、少し時間を与えすぎかもしれません。

1長文4問なので、1長文あたり2分となります。

しかし、多くの問題は単純な単語や接続詞の問題であまり頭を使いませんね。

文挿入問題で少し時間がかかります。

なるべく最速で解きましょう。

PART7:最大の鬼門

PART7は54問を60分⇒1問あたり1分6秒

出ました最大の鬼門。。。

PART7は時間が足りなくなります。

ですので、PART5.6でなるべく時間を使わないでPART7に時間を残しましょう。

時間配分で時間を節約するコツとしては、問題文から読むことです。

解答に必要な要素を設問で見抜く⇒問題文を読む⇒設問

だと時間がかかってしまします。

確かに、「設問⇒問題文⇒設問解答」は理想なのですが時間がかかります。

ですので、「問題文⇒設問」で解けるようにしましょう!

PART7を爆速で解く方法:問題文⇒設問

パート7を解き終える方法とおすすめの問題集

で詳しく解説しています!

TOEIC965を取ったら、外資企業からスカウトされたり、超有名上場企業からスカウトもらえるようになりました
TOEIC800/900のメリットや勉強法・参考書は☟で紹介しています!

TOEICの時間配分まとめ

TOEICの時間配分まとめ

以上がtoeicの効率的な時間配分です。

【TOEIC600以上800未満の時間配分】

問題数時間配分1問あたり
Part53010分20秒
Part61610分37.5秒
Part75455分1分
合計10075分

【TOEIC800以上の時間配分】

問題数時間配分1問あたり
Part5307分14秒
Part6168分30秒
Part75460分1分6秒
合計10075分

今回紹介した時間配分をもとにTOEICを受験していただける幸いです!

TOEICの勉強法については、英単語・英文法・長文・リスニングともすべて記事にしていますのでぜひご覧ください。

Genglishでは国内独学で965点を取得した私がTOEICの勉強法をまとめています。

これらの記事を全部読みしっかりと実践することができれば、確実に目標スコアを達成することができます。

あなたをあとはもう勉強するかしないかという段階までもっていく記事がそろっています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください!

最後まで見てくれたあなたへ
30分500円であなた専用の英語学習アドバイスします!

「自分の英語勉強法って本当にあってるのかな?」
「もっと効率的に英語を勉強できないのかな?」

私は、英検一級・TOEIC965点を国内独学で取得しました!
学習をしている際に痛感したのが、「英語は正しい教材を正しい順番で適切な時間勉強すれば、だれでもできるようになる」ということです。

「あれ、本当に自分の英語の勉強法はあってるのかな?」

そんな方は、私と「ココナラ」でお話ししましょう!
30分500円でなんでもお話ししましょう。(オンライン上にて)

(今なら特典として、100部以上売れた「一カ月で24周?!奇跡のヘビロテ暗記法」がついてきます※ココナラをこれまで一度も使ったことがなく当サイトの該当ページのリンクから購入いただいた方限定)

TOEIC英語資格
スポンサーリンク
Genglish

コメント

error:Content is protected !!