「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

TOEICパート7の対策・おすすめ問題集を解説!長文を解き終えるための5つのコツと2つの注意点

TOEICパート7の対策・おすすめ問題集を解説!長文を解き終えるための5つのコツと2つの注意点TOEIC

TOEICのパート7が、全然解けないし時間ないし苦手!
なんかコツとかないの?

自分も苦手です!笑
長いしつまらないし、時間ないし最悪ですよね。
でも、5つのコツと2つの注意点でするする読めるようになります!

「TOEICのパート7が苦手で全然解ける気がしない」
「時間が全然足りない、いったいどう勉強したら」
「パート7のコツとかないの?」

TOEICにおいて最も恐れられているパート。

それが、

パート7

ですね。

このパートがなければ!と思う人も大勢いますよね。私もそのうちの一人です笑

それほど恐れられているパート7なのですが、5つのコツと2つの注意点を守って対策を進めていけばこれまでより点数が伸びていきます。

この記事では、TOEIC965点の私が悪魔のパート7について、これまでの私の試行錯誤から解説していきます。

TOEICリーディングパート
リーディング470点のアビメです☝
この記事を読んで得られること

・パート7の対策法が分かる
・長文の勉強法が分かる
・パート7のコツと注意点が分かる
・TOEIC長文のおすすめ問題集が分かる

notecontent

TOEICのリーディングパート7とは?

TOEICリーディングパート7

そもそもTOEICのパート7ってどういう形式で何問でるの?

なんと54問もあります(´;ω;`)
リーディング100問中54問がパート7です。

問題数54問
シングルパッセージ29
ダブルパッセージ10
トリプルパッセージ15

シングルパッセージ10本
 ※目安:設問2個4題、設問3個3題、設問4個3題程度

ダブルパッセージ2本
 ※設問5個2題

トリプルパッセージ3本
 ※設問5個が題

パート7で出題される文章は、主にビジネス系です(雑務的なものばかり)

例)広告、テキストメッセージ、納品書などフォーム各種、eメール(社内、社外、クレームなど)、社内通知、記事、Webサイトなどなど

おすすめの問題集はないの?

私のおすすめ問題集を3つ紹介させていただきます!

TOEICパート7対策におすすめの問題集3選

TOEICパート7問題集参考書

それではここでは、TOEICのパート7・長文対策にお勧めの問題集を紹介します!

レベル別で本当にお勧めの問題集を3つ厳選紹介します。

TOEICの問題集でお悩みの方は、この中から選んで勉強しましょう。

TOEICテスト新形式精選模試リーディング2

問題数5回分模試
対象レベル全レベル

こちらの参考書は、模試なのですが、パート7対策には必携の一冊です。

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2
は2019年の2月5日に初版が発行されました。

常に変化していくTOEICで最新の参考書をやることは大いに意義があると思います。
4年前の参考書は生きた化石です。

これは買いでしょとすぐに思い購入しました。

このコスパで
圧倒的な問題量さらにそれぞれの問題に正答率まで載ってる
なんて神です。

自分はTOEIC以外に英検一級を目指して勉強していました。

ですのでTOEICの問題形式や時間感覚、そして出題されるポイントを把握できるこの問題集は最高ですね。

  • 充実した問題数(5回分の模試)
  • コスパ(模試五回で2052円は安い)
  • 問題の質の高さ
  • すべての設問に「正答率」を掲載
  • すべての設問について、正解を導くための手順と考え方を説明。

TOEICの模試については、私のおすすめの模試を3つ紹介した記事がありますので、ぜひご覧ください。

至高の模試600問を無料で手に入れる方法についても記載していますので、無料で模試を受験したい!という方は一度やってみるといいですよ◎

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 7 読解)

問題数22題
対象レベル300~600点

スタディサプリでおなじみ「関先生」の本です。
TOEIC単語編でも関先生の本をお勧めしましたが、長文でも健在ですね。

世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 7 読解)
は、テクニック的なことではなく英語の本質について解説しています。

根本となる「英語の読み方」をTOEICの問題を使って解説しています。

英文を読む際に必要な3つのスキル、

①読解スキル
②整理スキル
③解放スキル

について徹底解説しています。

この3つのスキルがしりたい!という方はぜひ購入してみましょう。

  • 英語の読み方の基礎を解説
  • 新形式対応
  • 狙われるポイントに絞った問題

TOEICテスト990点新・全方位リーディング

問題数38題+模試一回
対象レベル800点以上

TOEIC(R)テスト990点 新・全方位リーディング
は、上級者向けのリーディング問題集です。

対象レベルは、800点以上で900点を目指す方となっています。

この問題集のコンセプトは、「高地トレーニング」となっています。

通常の問題よりも負荷をかけて学習するので、かなりリーディング力が鍛えられます。

問題集は、4つで構成されています。

  • Stage 1 実力診断テスト
  • Stage 2 高速度トレーニングA
  • Stage 3 高速度トレーニングB
  • Stage 4 総仕上げ模試―トレーニングの成果を確認する

高速度トレーニングAは、
シングルパッセージ問題 20本
ダブルパッセージ問題 4本
トリプルパッセージ問題 8本
で構成されています。

また、Bでは、6つのパッセージが収録されています。
そこでは、時間を計りながらパッセージ(300~400語)を読んだ後、読み返さずに10の設問に答えるトレーニングが課されています。

かなりやりごたえのある参考書です。

  • 問題が難しい(高地トレーニング)
  • 問題数も多い
  • 問題を解き終える為の力をつけられる

TOEIC用の長文参考書ではありませんが、私のおすすめの長文問題集
英語長文の参考書・問題集厳選!失敗しない英語長文の参考書5選
で解説しています!

やるべき問題集は分かった。
でも、実際に問題を解いていくコツとか勉強法を知りたい!

TOEICテストのコツと勉強法について、私の経験から解説していきます!
2つの注意点と5つのコツを解説していますので、これを読んでスコアアップしましょう。

TOEICパート7の2つの注意点

TOEICパート7の注意点

それではTOEIC長文の2つの注意点を解説していきます!

時間内に解き終わらせようとしないでいい

TOEICは基本的には時間内に解き終わりません!断言します!

解き終わる人はスコア的に言うと、850点以上の人です。

850点というと偏差値換算65以上になります。

実際に私は初受験の際に880点を取得したのですが、時間的にはかなり厳しかったです。

おりゃあああ!
時間内に解き終わらせるぞ!!!

という感じで必死でした笑

これでもセンター試験では、40分(試験時間80分)で解き終わるんですけどTOEICはかなり厳しいです。

また、TOEIC965点を取得した2回目の受験の際は、約10分ほど試験時間が余りました。

ですので、TOEIC800点以下を狙っている方は、時間内に解き終わらせなくて大丈夫です。

目標にするスコアによって解き方が少し変わります。

それよりも1問1問正解することを重視しましょう。

時間があれば解ける問題を増やしていきましょう。

それができるようになったら、だんだんと速読のトレーニングをしましょう!

まずは、時間に焦らず解ける問題を増やしていくことが重要だね。

そうそう。
自分が解ける問題を時間配分を上手に使うことで見つけ出して確実に正解していくのが、高得点を取るには必須だよ◎

TOEICは時間配分次第でスコアが変化します。

時間配分を自分の取得したいスコアに合わせて行えば、スコアが100点以上アップすることもありますよ。

スコアに直結するTOEICリーディングの時間配分については、

をご覧ください!

問題は取捨選択する

2つ目の注意点として、「問題は取捨選択」することです。

問題の中には、「難問」があります。

時間制限の厳しいパート7ではこのような問題は捨てましょう。

難問系は、時間があれば解けそうだけど時間的制約が厳しいから解けない問題です。

例えば、What is suggested,stated about などの問題は難問の可能性が高いです。

これらの難問や時間のかかる問題については、

先ほど紹介した、

TOEICは時間配分で点数がアップする?965点の私が効率的な時間配分を伝授

で詳しく書いているのでご覧ください!

ぐずぐずしているとすぐに、試験時間終了のベルが鳴りますよ?!

パート7の攻略5つのコツ

英語長文

それではここからは、英語長文を読む際の5つのコツについて紹介していきます!

  1. 選択肢先読み?先読みしない?
  2. 要約する
  3. 頻出問題とは?
  4. 一気読み
  5. SVこそ命

選択肢は先読み?先読みしない?

一つ目のコツとして、選択肢を先読みするかしないかです。

どのサイトでも調べても、これって意見が割れてるよね。

そうなんですよ。
理想は先読みしたいところです。
しかし目標スコアによってするかしないかが分かれますね。

先読みするかしないか?議論はパート7の永遠のテーマですよね。

ここではあくまで個人的な考えを書きます。

私の意見はこうです。

  • 900点以上を目指すのだったら先読みすべきではない。
  • それ以下なら先読みしてといた方がいい。

これは実体験に基づいた方法です。

880点(リーディング430点)を取得した際は、先読みで選択肢を読んでいました。
ですが、その結果時間がギリギリで何問か時間の焦りから取りこぼした問題もありました。

965点(リーディング470点)を取得した際は、選択肢を見ずに問題文から先に読んでいました。
その際は、「ここは問題で聞かれそうだな」というところを頭の中に入れていました。

900点以上を取りたい方は、先読みしないで解けるようにトレーニングしましょう。

TOEIC900点を取りたい!という方は、

をご覧ください!

TOEIC800点のメリットや難易度・レベル勉強法はこちらをご覧ください!

また800点以下が目標点なら、先読みで解きましょう。

要約する

リーディングのコツとして挙げられるのが、「要約」することです。

長文を読んでる最中に結局この文は何を言いたいのか?を一言で言えるようにしましょう。

段落で伝えたいことを把握できるようになると、自然と設問も解けるようになっていきます。

例えば長文は、☟の様な感じで有機的につながっています。

第一段落:感情と言語は、どっちが先かどっちが後か。
Darwinの説「感情は、人間に備わったもの(hardwired)で言語はそれを表す後天的なもの。感情は先天的で言語は後天的である。」とその反対の説の提唱。

第二段落:constructed emotion の説明。
感情は言語によってつくられるんだよということを解説。(DARWINの反対の意見)

第三段落:言語が、感情に影響を与えるのだ!
言語が感情を定義することを、schandenfreudeで解説。

とはいってもTOEICのパート7で注意すべき内容の傾向とかはあるの?

TOEICパート7で頻出するタイプの設問を紹介しますね

TOEICパート7で設問される問題とは?

TOEICでは、5W1Hが特に聞かれます。

これは当たり前のようですが、意外と問題を読んでいる際は見落としがちです。

人間の脳は「重要だ!」と思った情報しか脳内に蓄積しません。

その「重要だ!」と思う情報は、その人の主観によってかなり変わってきますよね。

TOEICでは「重要だ!」という基準をTOEICのテスト用にチューニングしましょう。

なるほどね。
で、TOEIC基準の重要な情報は何?

時間・人・場所・値段・会社・部署などなどです

5WIHの例
  • Who:職種、役職、部署、
  • When:締め切り、延期日、集合時間、
  • Where:会社の場所、パーティーの開催場所
  • What:販売製品、whoの行動内容
  • Why:行動の目的や意味
  • How: どのような手段でその行動をしたのか

TOEICの実際の設問を見ると、5W1Hを中心に理解できているかが分かります。

①What is suggested about Mr. Bach?
(A) He has been to Kansai more than once.
(B) He currently works in Beijing. 
(C) He is on a business trip.
(D) He works for Fly Right Airlines.

② What should an advertiser bring to the library when making a submission?
(A) An outline of proposed content
(B) A final version of the notice
(C) A completed submission form
(D) A letter from an organization

「誰が・いつ・どこで・何を・なぜ・どのようにした」
ということをTOEICではスキャニングして読みましょう!

長文は一気読みする

4つ目のコツは「長文は一気読みする」ことです!

長文を一気読みするとは、文字通り問題文を一気に読むことです。

問題はすべての文を解き終わった後に解きましょう。

問題を読んでいる途中で、設問に行ってしまうとかなり時間がかかってしまいます。

問題⇒設問⇒問題⇒設問と解いていくと時間がかかるのは、自明ですよね。

設問でいったいどのような問題が聞かれるのか、練習の段階から情報を取捨選択できるようにトレーニングしましょう。

特にトリプルパッセージだと3文にわたって書いているので、一つの文だけではわからない問題も多いです。

主語と述語をきちんと把握する

最後に重要なのが、主語と述語をきちんと把握するということです!

主語と述語をきちんと把握するのは、英語の本質です。

何度もSVは取れといわれていると思いますが、ここでまた主張しておきます!

文構造だけは、正確に取れるようにしましょう。

やっぱり文構造は重要だよね。
長文の読み方の実例を知りたい!

実際に長文を読む際に私が意識してることは☟で紹介しています。
英文をもとに解説しているのでぜひご覧ください!

あなたが長文を読めない/解けない5つの理由と5つのコツ
英語長文の読み方とコツ、勉強法を完全解説!【TOEIC965・英検一級の早大生が語る】

また、文構造を取るのに重要な「英文解釈」
英文解釈参考書はこの3冊だけ極めろ!TOEIC965,英検1級取った私が証明する
でおすすめの参考書を紹介しています!

TOEICパート7まとめ

TOEICパート7

以上がTOEICリーディングパート7のコツと対策方法でした!

ここまでまとめます!

【長文の読み方5のコツ】

  1. 先読みは目標スコアしだい
  2. 要約する
  3. 5W1H
  4. 一気読みする
  5. 主語と述語は絶対把握する

ぜひ今回紹介した問題集やコツで勉強してみてください!

TOEIC受験者にお勧めの記事を用意しました☟
記事を全部読んで、学習手順通りに学習すれば「900点」も夢じゃないですよ

最後まで見てくれたあなたへ
30分500円であなた専用の英語学習アドバイスします!

「自分の英語勉強法って本当にあってるのかな?」
「もっと効率的に英語を勉強できないのかな?」

私は、英検一級・TOEIC965点を国内独学で取得しました!
学習をしている際に痛感したのが、「英語は正しい教材を正しい順番で適切な時間勉強すれば、だれでもできるようになる」ということです。

「あれ、本当に自分の英語の勉強法はあってるのかな?」

そんな方は、私と「ココナラ」でお話ししましょう!
30分500円でなんでもお話ししましょう。(オンライン上にて)

(今なら特典として、100部以上売れた「一カ月で24周?!奇跡のヘビロテ暗記法」がついてきます※ココナラをこれまで一度も使ったことがなく当サイトの該当ページのリンクから購入いただいた方限定)

TOEIC英語資格
スポンサーリンク
Genglish

コメント

error:Content is protected !!