「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

TOEIC平均点のすべて。大学生/社会人/小中高生/国別のTOEIC平均点まとめました

TOEIC平均点のすべて。大学生/社会人/小中高生/国別のTOEIC平均点まとめましたTOEIC

TOEICの平均点っていくつなの?

結論、「約580点」です!
ただ学年や専攻、所属部署によって平均点がかなり変わってきます。

「大学生のTOEIC平均点が気になって勉強に集中できない!」
「海外系の光輝くあの部署のTOEIC平均点はいくつ?」
「日本だけじゃなくてほかの国のTOEIC平均点知りたい」

TOEICの平均点気になりますよね~

自分自身TOEICを初受験する際は、絶対平均点以上を取得したいと思いかなり調べたりしました。

TOEIC平均点以下だったらいやだ!と思われる方もいらっしゃると思います。

一般的にはTOEICの平均点は約580点といわれています。

しかし実際は、職業や年齢や身分(社会人や大学生)によって平均点は変わってきます。

この記事では、TOEICの平均点について様々な角度から書きました!

TOEICの平均点についてもっと知りたいよ~という方はぜひご覧ください。

この記事を読んで得られること
  • 社会人のTOEIC平均点が分かる
  • 大学生のTOEIC平均点が分かる
  • 小中高校生のTOEIC平均点が分かる
  • 国別のTOEIC平均点が分かる
notecontent

TOEIC平均点【約580点】

TOEIC平均点は580点
2018年10月~2019年9月586.84点
2019年9月583.1点
2019年7月581.5点
2019年6月583.7点
2019年5月596.8点
2019年4月596.9点
2019年3月579.2点
2019年1月578.4点
2018年12月582.8点
2018年11月586.5点
2018年10月599.5点

こちらは平均スコア・スコア分布 詳細(IIBCより)で公表されているデータをもとに作成しました。

2018年10月から2019年9月までのTOEIC平均点の推移です!

2018年10月から2019年9月の計10回分のテストの平均点は、586.84点です!

データの元となっているテストは、「TOEIC L&R公開テスト」です。

TOEIC公開テスト?IPテストとかBRIDGEとか言われているものとの違いは何?

公開テストは一般的なもの。
IPは団体専用のテストでBRIDGEは、初級者と中級者向けのテストです。

TOEICの各テストの違いやスコアの目安について解説していますので、TOEIC何それおいしいの?という方はぜひご覧ください!

それにしても平均点がほとんど同じになるように調整しているETS(テスト作成会社)凄すぎですよね。

偏差値にしても、TOEIC990(満点)でも偏差値74程度になっています。

900~990約3%~偏差値68~
800~895約13%~偏差値61~
700~795約27%~偏差値56~
600~695約46%~偏差値51~
500~595約68%~偏差値45~
400~495約85%~偏差値39~

試験的には最大偏差値が75位が良いテストといわれています。

TOEICは難易度的にも初級者から上級者まで受験することができる試験ですね。

試験の難易度的には、英検2級といわれています。
(平均点580点が、英検2級合格者とほぼ同じ)

TOEICのそれぞれのスコア(900/800/700/600)のレベルや難易度、メリットについてはこちらの記事をご覧ください。

リスニングとリーディング別の平均点を知りたい!

勿論ご用意しております!
リスニングとリーディングの平均点はこちら☟

リスニングリーディング
2018年10月~2019年9月324.29点262.57点
2019年9月321.2点261.9点
2019年7月321.9点259.6点
2019年6月321.4点262.3点
2019年5月328.6点268.2点
2019年4月327.4点269.5点
2019年3月319.7点259.6点
2019年1月322.7点255.7点
2018年12月321.2点261.7点
2018年11月325.6点260.9点
2018年10月333.2点266.3点
  • リスニング平均点⇒324.29点
  • リーディング平均点⇒262.57点

リーディングとリスニングの平均点の差は60点程開きがありますね。

TOEICで一番難しいパートは、パート7といわれています。

リーディングの時間制限が厳しく、すべての問題を解ききることができないという方がほとんどです。

TOEICでなるべく効率よく高得点を取得していくには、リスニングの攻略が必須です!

リスニングとリーディングの勉強法は、965点を取得した私が記事にまとめています!

TOEICのリスニングとリーディングの実際の問題やこのまま実践すれば自然と得点が上がる勉強法などについて書いていますのでぜひご覧ください☟

大学生のTOEIC平均点

TOEICと大学生まとめ

大学生のTOEIC平均点は567点

大学生のTOEICスコアの平均点は、567点です!(公開テスト)

  • リスニング⇒313点
  • リーディング254点

となっています。

全体の平均点が586点ということを考えると、20点程平均点より低いですよね。

こちらの結果はTOEICテストを運営するIIBCが行った
「TOEIC PROGRAM DATA&ANALYSIS 2019」
から引用しました。

対象となっているのは、2018年のスコアですので最新版となっています。

学部ごとの平均点

平均点といっても学部ごとに大きく違いそうじゃない?
学部ごとの平均点を教えてちょ

学部毎では、英語専攻の学部が一番高くなっています。

少し見にくいので表にしますね

語学文学系(英語専攻)517点
国際関係学部503点
医・薬学部470点
語学・文学系(英語専攻以外)467点
商学・経済・経営学部453点
法学系450点
社会学系445点
理・工農学系434点
教育・教養系433点
情報科学系423点

こちらの平均点が、公開テストの平均点である567点より低いと思われる方いると思います。

こちらの学部別の平均点は、IPテストという団体で受験するテストで計測された平均点となります。

  • IPテスト⇒団体で受験するテスト。公式認定証がもらえない。
  • 公開テスト⇒個人で受験するテスト。公式認定証がもらえる

IPテストの場合、学校からいやいや受けさせられたということが多いのでこのように無残な成績となっています。

大学別の平均点【東大が688点?!】

我、日本一の名門大学「東京大学」学生なのだが、TOEICは私の英語力測れるのか?

どうやら大学別の平均点というモノがあるらしいですよ!

938点上智大学ー国際教養学部
920点国際教養大学
877点東京外国語大学ー外国語学部英語学科
874点国際基督教大学
865点上智大学ー外国語学部英語学科
800点東京大学大学院生(全体)
783点同志社女子大学ー国際教養学科
770点早稲田大学ー国際教養学部
762点神戸市外国語大学ー外国語学部英語学科
752点東京大学ー文科三類
750点慶応義塾大学ー総合政策学部・環境情報学部
732点上智大学(全体)
725点広島大学ー教育学部
719点東京外国語大学(全体)
703点東京大学大学院生(理系)
689点青山学院大学(全体)
688点東京大学(全体)
667点関西外国語大学ー外国語学部英語学科
650点日本外国語専門学校
648点神戸大学(全体)
641点同志社大学(全体)
640点東京工業大学(全体)
630点立教大学(全体)
628点京都大学(全体)
617点中央大学(全体)
615点明治大学
  • 東大⇒688点
  • 京大⇒628点
  • 早稲田⇒770点
  • 慶應⇒750点
  • 上智⇒938点

らしいです。

個人的な意見を言うと、このデータのソースの信憑性が曖昧過ぎてあまりあてにしない方がいいです!というかあてにしなくていい!笑

大学ごとの平均点と題して、よく出てくるこのデータ。

しかし元々の情報はどこからなのか探ってみたら、

現在ソースが削除されていました!

一応URL置いておきます、(http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n371669)

URL見る限り「知恵袋」ですね。。。(察し)

大学ごとのTOEICについては、TOEIC TOWNさんが情報を集めているのでも気になる方はのぞいてみてください。

私は、早稲田大学に所属していますが、体験レベルでいうと平均点がTOEIC600点でも何ら驚きではありません。

多くの学生は、英語は受験の為に勉強してきたものです。

早稲田の知り合いでTOEIC200点台もいます。

さすがに国際教養学部のTOEICスコアは高いと思いますが。

TOEICが大学生にとってどのようなメリットがあるのか、スコア別の勉強法などについて知りたい方は

で詳しく解説しています

社会人のTOEIC平均点

TOEICと社会人

社会人のTOEIC平均点は603点

社会人のTOEIC平均点は、603点です!

大学生よりも30点程高い結果になっていますね◎

棒グラフの一番右の学生は、大学生のみならず院生・高校生・小学生等も含まれています。

一般社員・役職付きの人でスコアに差はあるの?

やはり役職についている方が高いスコアになっているんですね~

役職とTOEIC平均点

役職とTOEIC平均点
  • 役員⇒534点
  • 部長⇒526点
  • 課長⇒499点
  • 係長⇒485点
  • 一般⇒487点
  • 派遣⇒524点

平均点は役員が一番高くなっていて、524点です!

その次に部長、3番目に派遣社員となっています。

※こちらのスコアはIPテストをもとに作成されたスコアとなっています

やっぱ海外系の部署だと平均点も高いよね?

部署

TOEIC平均点と部署
  1. 海外⇒665点
  2. 法務⇒624点
  3. 広報⇒598点

やはり1位は海外の部署で665点でした。

ワースト1位の製造389点と比べると300点近い差がありますね

個人的には、平均点が665点というのは低く感じました。

小・中・高校生のTOEIC平均点

高校生中学生小学生のTOEIC

小学生⇒607点
中学生⇒558点
高校生⇒493点

小学生の平均点はなんと、607点!(平均点より高い)

ですが、人数は332人となっていますので小学生の中でもかなりエリートの小学生が受験しているのだと思います。

全国の小学生数は640万人といわれています。

640万人中の332人。。。

また中学生は、1238人で558点となっています!

中学生は全国で320万人程いると言われている中の、1238人です。

普通中学生の段階でTOEIC公開テスト受けませんよね。(受験している中学生優秀すぎる)

最後に高校生は27047人で493点という平均点になっています。

高校生も中学生とほぼ同じく全国に300万人いると言われています。

それにしても高校生の時点でTOEIC受ける高校あるんだと思いました。

国別のTOEIC平均点

なんと国別の平均点なるデータもありました!

  • 第一位:カナダ871点
  • 第二位:チェコ812点
  • 第三位:ドイツ798点

第一位は871点のカナダ!

平均点が871点とはさすがですよね。

カナダの公用語は「英語」と「フランス語」となっています。

公用語が英語の国なので当然といえば当然の結果ですよね。

そして、日本は520点となっています。

こちらはIPテストと公開テストの平均点を足して割った数になっています。

TOEICの平均点まとめ

TOEIC平均点まとめ

以上がTOEICの平均点についてでした。

TOEIC L&R公開テストの日本での平均点は約580点

TOEICを日本で受験し日本で活用していこうと思う方はTOEIC平均点は580点です。

自分の所属するグループによって平均点は変わってくるので、それぞれに応じていきましょう。

TOEICの勉強法については、英単語・英文法・長文・リスニングともすべて記事にしていますのでぜひご覧ください。

Genglishでは国内独学で965点を取得した私がTOEICの勉強法をまとめています。

これらの記事を全部読みしっかりと実践することができれば、確実に目標スコアを達成することができます。

あなたをあとはもう勉強するかしないかという段階までもっていく記事がそろっています。

気になるものがあればぜひ読んでみてください!

最後まで見てくれたあなたへ
30分500円であなた専用の英語学習アドバイスします!

「自分の英語勉強法って本当にあってるのかな?」
「もっと効率的に英語を勉強できないのかな?」

私は、英検一級・TOEIC965点を国内独学で取得しました!
学習をしている際に痛感したのが、「英語は正しい教材を正しい順番で適切な時間勉強すれば、だれでもできるようになる」ということです。

「あれ、本当に自分の英語の勉強法はあってるのかな?」

そんな方は、私と「ココナラ」でお話ししましょう!
30分500円でなんでもお話ししましょう。(オンライン上にて)

(今なら特典として、100部以上売れた「一カ月で24周?!奇跡のヘビロテ暗記法」がついてきます※ココナラをこれまで一度も使ったことがなく当サイトの該当ページのリンクから購入いただいた方限定)

TOEIC英語資格
スポンサーリンク
Genglish

コメント

error:Content is protected !!