「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

【英単語の覚え方】英検1級単語96%の私が解説する英単語暗記のコツ

英単語覚え方暗記方法英単語

英単語の暗記って英語の学習で一番大変」

「英単語をもっと簡単に覚えられる方法はないのかな?」

「英検一級とか15000語くらい英単語必要っていうけど、一体全体なんでそんなに英単語覚えられたの?頭の中を知りたいわ」

「英単語の暗記が一番嫌い!英単語の暗記さえなければ、英語は好きなんだけどなぁ。何かいい暗記法ないの?!」

英単語の暗記って英語の一番の挫折ポイントですよね泣
この記事では、英単語の暗記について徹底攻略していきます!

英単語を覚えるのって大変ですよね。

自分自身も、英語学習初心者の時は、英単語にはかなり苦戦して覚えたり忘れたりの繰り返しでした。

「本当に、一年で2000語とか覚えることできるの?」って何度も思っていました。

しかし、英単語はきちんとして方法で学習すれば天才じゃなくても確実に覚えることができます。

この方法を知らないで英単語を暗記するのとそうでないのでは、かなり大きな差が生まれてしまいます!

この方法を知りきちんと実行することで、英単語の暗記にはほとんど困らないようになります。
むしろ英単語の暗記が好きになり、最終的には英語が得意になるかもしれません!

今回は、英語学習にめちゃくちゃ重要な英単語の覚え方について英検一級の英単語パートで96%の正答率を獲得した私が、テクニックではなく本質的なことをメインで語っていきたいと思います。

英検一級単語
語彙パートは大問一です
この記事を読んで得られること

・英単語の暗記方法の本質が分かる
・効率的に暗記するための方法が分かる
・どの程度の単語を覚えるべきかわかる
・英単語を勉強する意味が分かる

note

英単語の覚え方を身に着ければ英語力が上がる

英単語

周知の事実ですが、英単語はめちゃくちゃ重要です!

この章ではそもそもなんで英単語が必要なのかについて、具体例を用いながらわかりやすく解説していき行きます!

英単語の覚え方についていち早く知りたいという方は、ここは飛ばしてもらって構いません。

英単語の必要性

英単語とは、一言で言ってしまうと英語におけるお金のようなものです。

自分の持っている・認識できる英単語が少ないと、いくら文法知識があっても文章を理解できませんし、自分で書いたり話したりする際の表現も自然と少なくなってしまいます。

英文読解の学習は、このように進めていくとよいのですがいずれのステージでも英単語は必要となっています。

英単語以外の勉強法については、関連記事で紹介しますね。

英語勉強法

英単語は英語の選択肢を広げてくれます。

いわば英単語は、お金と言っても過言ではありません。

お金がなければ、食べ物・住む場所・服などの選択肢が必然的に限られてきますよね。

お金があると、選択肢が広がり自分の好きなように好きなものを食べれたり、好きなところに住めたり、好きなブランドの服を着ることができます。

同じように語彙力があれば、様々な英文を読み・聞き・書き・話すことができます。

しかし、英単語力だけあってもそれを生かす文法知識・構文解釈力などがなければ正確に英文を把握することができません。

お金も同じで、お金があってもそれをどのように使い価値を最大化していくかのスキルがないと有効活用できません。

英語において英単語はお金なのです。

英単語の暗記法の必要性

英単語が必要なことは分かったけど、なんで英単語の暗記法が必要なの?

英単語の暗記法・覚え方は、時間のかかる英単語の暗記方法を効率よく最短距離で暗記するのに必要です。

英単語の暗記ってめちゃくちゃ大変ですよね。

エビングハウスの忘却曲線に沿ってやったほうが良いとか何色のペンを使ってやった方がいいとか色々あるのですが、この記事では英単語の暗記に限らずすべての暗記で必要な「本質」について語っていきます!

英単語の暗記に限らず、ほかの事(英文法、世界史の暗記など)にも十分応用できます。

この英単語の覚え方を知っているか知っていないかでは、「かなり大きな差」が生まれます!

英単語は何単語覚えればいいの?

「英単語って結局何単語覚えればいいの?

「英語を極めたいなら1万5000語位ですが、何単語覚えればいいかはそれぞれの目標によります!」

以下、目標別で必要な語彙数を紹介します!(あくまで目安です)

【英検】

英検語彙数
1級10000~15000
準1級7500~9000
2級3800~5100
準2級2600~3600
3級1250~2100
4級600~1300
5級300~600

【TOEIC】

90010000
8008000
7007000
6005000
5004000
4003000

【ネイティブレベル】

ネイティブレベルだと9歳でおよそ10000語を習得するそうです!

ネイティブと比較すると私たちが覚える英単語は少なく思えるかもしれません。

私がこれまで使用してきた単語帳
【英単語帳おすすめ】英検1級・TOEIC965取った私の全単語帳紹介
英検一級の単語
英検一級単語のレベルとテスト診断【おすすめの英単語帳と覚え方も紹介】
英検準一級の単語
英検準一級単語のレベルとテスト診断【おすすめの英単語帳と覚え方も紹介】

英単語の覚え方解説【復習命】

それでは、英単語の暗記、いや「暗記」で重要なことを紹介していきます!

暗記で重要なことは、「何度も復習しまくること」です!

シンプルなようでこれは本当に重要なことです。

純ジャパで語彙力がある人はほぼ確実に英単語の暗記において、「何度も何度も復習すること」を重要視しています。

青いペンでやった方が覚えられるなどのテクニック論より何倍も重要なことです。

人間の脳は「超人気アイドル」です。

これはどういうことかというと、人間の脳は一日で膨大な数の情報を処理していきます。

ある調査によると、人間の脳は一日に”3万5000回”選択を行っているそうです。

選択だけでも、これほど多くの選択を行っているんですから人間の脳が一日で受け取る情報は半端じゃありませんよね。

超人気アイドルは一日に10万人程の方と握手するそうです。

出典: up.gc-img.net さん

10万人もの方と握手して、名前や顔を超人気アイドルに覚えてもらえるでしょうか?

たった一回握手しにいただけで、次回行ったときに名前をおぼえていてくれるでしょうか?

絶対覚えていないですよね。

英単語も同じで、たった一回暗記学習をしただけでは絶対覚えることができません!

何度も何度も顔を出してやっとのことで名前や顔を覚えてもらえますよね。

英単語を覚えたいのなら、何度も何度も英単語を復習しまくるということが不可欠です。

脳は忘れるものだと前提して、暗記に取り組みましょう。

英単語を忘れているのは普通です。

特段落ち込む必要はありませんから、そんな自分の脳を肯定してひたすら復習しまくりましょう。

\英検一級96%の英単語暗記法!学習コミュニティ付き/

英単語の具体的な覚え方

なるほど!脳は超人気アイドルね。そりゃ一回では覚えてもらえないよね。じゃあどのようにして復習をしまくりながら英単語を覚えていけばいいの?

英単語の覚え方は、3ステップでやっていきましょう!スケジュール作りが英単語暗記の命です!

それでは、実際にどのようにして復習をしまくりながら英単語を暗記すればいいの?

と思われている方が多いのではないかなと思います。

実際に英単語を覚える際に私が行っている3ステップをご紹介します!

  1. 単語の分類
  2. 目標設定
  3. 一日に落とし込む

英単語を分類する

英単語帳に取り組む前に、知っている単語と知らない単語を分類しましょう。

その為には、まず英単語帳を一周しましょう。

一周するときは、「知っているもの」・「知らないもの」で分けていきましょう。

知っている英単語の方が少ないかと思うので、知っている単語には✅をつけましょう。

そして、一周終わったら知っている英単語の数を数え「英単語帳の掲載語数-知っている英単語」で覚えるべき英単語を計算しましょう。

目標設定

そして次に何日で☝で出した単語数を終わらせるか目標を設定しましょう。

ここからが、肝心の暗記方法ですので、メモをしながら読んでください!

例えば1800語を6週間で覚えたいとします。

その際のスケジューリングは、一週間単位で以下のようになります。

1週目:1~450
2週目:451~900
3週目:901~1350
4週目:1351~1800
5週目:1~900
6週目:901~1800

何週間で何単語を覚えるかは、ご自身のスケジュールと照らし合わせて決めてみてください。

1800語を6週間はあくまでも目安です。

一日に落とし込む

次に一日に落とし込んでいきましょう。

一週間単位で学習する英単語を一週間で学習する際には、二日で1セットにします。

つまり「月火」・「水木」・「金土」そしてあまりの「日」となります。

二日(1セット)で、一週間分の単語を一周します。

そうすると、一週間で英単語を4周することができます!

そしてそれぞれの一週間でのスケジュールは以下のようになります。

月曜1~225
火曜226~450
水曜1~225
木曜226~450
金曜1~225
土曜225~450
日曜1~450

このようにして英単語のスケジュールを立て、戦略的に覚えましょう。

また、一日のうちでも起きた後・朝・昼・夜・寝る前で5分割して覚えると効率的です。

朝に、1/3
昼に、2/3
夜に、3/3
寝る前全部振り返り。
プラスで起床後にもう一度振り返り。

一日で合計3回単語に触れることができます。

一日に合計3回単語に触れるので、一週間で合計12回(1日3回×4周)単語に触れることができます

ここまで英単語に触れることができれば、これまでよりしっかりと単語を覚えることができます。

英単語のスケジュールの立て方まとめ

以上が英単語のスケジュールの立て方です。

ここまでまとめます!

①覚えるべき単語数計算:単語帳を一周して、「知っている単語」「知らない単語」に分ける
②何週間で覚えるか目標設定し1週間の単語数算出:覚えるべき単語数÷目標の週数
➂月火・水木・金土・日で単語を分割して覚えていく。
④起きた後・朝・昼・夜・寝る前で単語勉強。

英単語の暗記はいかにスケジュールに、復習を組み込むかです。

このようにスケジュールを組んで暗記をすることができれば、1週間で同じ英単語に12回会うことができるのでこれまでより、断然覚えやすくなります。

繰り返しになりますが、脳は超人気アイドルです。

なかなか一回お会いしただけでは、私たちの顔を覚えてもらえません。

人間の脳が忘れることは、普通です。

英単語の覚え方まとめ

以上が、英単語を覚えるうえで最も重要なことと、具体的な暗記戦略です。

もう一度言いますが、英語において「英単語はお金」と言っても過言ではありません。

英単語ができれば、使える英語の幅が広がります。

そして、人間の脳は「超人気アイドル」です。

何度も何度も単語に会いに行かないと覚えてもらえません!

今回紹介した方法で、超人気アイドルにお金を貢ぎまくりましょう!(訳:脳に英単語を覚えさせましょう。ここまで超人気アイドル乱用してきましたが、私はアイドルファンではないです、すいません)


P.S.

「実際に英単語を暗記する際はどのようなテクニックやコツを使っていたの?例文とかは覚えたりしたの?まだまだ知りたいことがありすぎるよ~」

そのような悩みをお持ちの方の為に、私が約8000字で徹底的に英単語の暗記についてnoteを書きました!

英単語の暗記について、もっと知りたい!との声をたくさんいただきましたので「1カ月半で1800語を24周?17000語覚えた私のヘビロテ暗記法」を書きました。

こちらは500円と有料になってしまうのですが、これまでのげんそーの英単語人生をかけて一生使える暗記法について書いていますので、単語の暗記についてお悩みの方は是非ご覧ください!

また単語の暗記を支援するコミュニティもあるので500円で買って絶対損はさせません!

一カ月半で1800語を24周?!奇跡のヘビロテ単語暗記法|げんそー|note
「英単語の暗記って数多いし退屈だしつまらないし、全然覚えられない。」「巷に英単語の暗記法はありふれてるけど、なんか効果を実感できないんだよな」って方多いと思います。 そんな方に朗報です!!! このnoteでは、私が単語帳10冊を暗記した方法について体系的に詳しく具体的に解説していきます。 ...
最後まで見てくれたあなたへ
ヘビロテ単語暗記法-英検1級単語で96%を獲得した効率的暗記法-

英単語が覚えられないのは、あなたが悪いのではありません。
ただ英単語を効率的に覚える「暗記法」を知らないだけです。

「もう何周もしたのに、単語が頭に入ってこない」
「歳だから、単語は覚えられないのかな。。。」

私は、英検一級の英単語パートで”96%”の正答率をたたき出しました。
これまでこなした単語帳は10冊以上。

私も「英単語の暗記」は苦手でした。
しかし、○○を少し工夫して単語勉強をすると、どんどん覚えられるようになり英語が大好きになりました。

「あれ、本当に自分の単語の暗記法はあってるのかな?」

そんな方は、「ヘビロテ単語暗記法」をご覧ください!

note限定公開500円のみです!
(それ以上の追加請求等は一切ございません)

※購入者三大特典
➀30分無料学習相談
②購入者限定の単語暗記グループへ招待
③単語に関する事なら無制限の質問可能

英単語
スポンサーリンク
Genglish

コメント

error:Content is protected !!