英字新聞が無料で読めるおすすめサイトは?学習効果を高める方法も解説します!

英字新聞が無料で読めるおすすめサイトは?学習効果を高める方法も解説します!英語勉強法

「英字新聞って難しそうなイメージがあるけれど、読むと英語力が上がるんだろうか?」「無料で英字新聞を読んでみたいけれど、どのサイトを選べばいいんだろう?」と思っていませんか?

無料で英字新聞を読むことができるサイトは、たくさんあります。 また英字新聞を読むことで、リーディング力を中心として英語力をアップさせることができます。英検やTOEICを受験しようと思っている人にも効果的です。

その理由は、良質な英文記事を毎日コツコツと読み続けることで、正しい英語が身につき、よく使われるボキャブラリーや言い回しなども覚えることができるからです。

この記事では、英字新聞を読むメリットや学習効果、また正しい読み方についてお伝えしていきます。 後半では、年齢・英語レベル別に無料で英字新聞を読むことができるサイトをご紹介していきます。

英字新聞を読み続けることで確実に英語力が上がっていきますので、この記事を読み終えたら、興味を持ったサイトにアクセスしてまず1記事読んでみてください! 




英字新聞を読むメリットは?どんな学習効果がある?

英字新聞を読むことで、さまざまなメリットや学習効果があります。せっかく英字新聞を読むのですから、できるだけ上手に利用していきたいですよね。

以下でメリットや学習効果について、詳しく解説していきます。

正しい英語を学べる

英字新聞を読むことで文法や言い回しなど、正しい英語が学べます。英字新聞には、若者が使うスラング(俗語)などは使われていません。公共の場で大人の会話をする際に、スラング表現を使う人はいないでしょう。さまざまな時事問題に関して、どのような英単語や言い回しを使うのがベストかについても自然に学ぶことができます。

ビジネスで使える英語が身に付く

英字新聞は、ここ最近で起こった政治経済、エンターテインメント、スポーツなどの分野のニュースが取り上げられています。ビジネスの場面では、仕事内容はもちろん、雑談で最近のニュースについて話をすることもあるでしょう。

その際に英字新聞で知識を得ておくことで、「これは英語でどう言ったらいいんだろう?」と迷うことが少なくなります。最新ニュースのボキャブラリーを身につけることができるのも、英字新聞のメリットのひとつです。

リーディング力がアップする

継続して英字新聞の記事を読むことで、リーディング力がアップします。全体の意味を取る力もつきますし、細かく精読する練習をすることで、文法力もより正確になります。短時間で多くの英文を読む力が求められるTOEICや英検などの対策として、英字新聞を読むことでリーディング速度も上がるため、テストにも対応できるようになるでしょう。

英検などの面接試験対策に役立つ

英検などの面接試験では、上級になるほど時事問題や社会問題に関するトピックを選び、それについてスピーチをすることが求められます。その際に英字新聞を読み込んでおくことで、スピーチで話をする材料を集めることができます。

たとえば、”Should same-sex marriage be legalized?”(同性婚は法的に認められるべきか?)というトピックについて話す場合、英字新聞でLGBTや同性婚に関するニュースを読んでいれば、その中に出てきた表現を盛り込んで自分のスピーチに生かすことが可能です。

上級レベルの試験になればなるほど、丸暗記では対応できません。英字新聞などの生きた素材に常日頃から触れて、試験対策として素材を集めておくことが大切になるでしょう。

英字新聞を読んで英語力アップ!読む時のポイントは?

英字新聞を読むことで英語力は確実にアップします。しかし、漫然と読んでいればよいわけではありません。

以下で、英字新聞の読み方のポイントについてお伝えしていきます。

全部読もうとしない

「掲載されているニュースを全部読もうとしない」ことが英語力アップのためには大切です。興味のある分野や、知識がある分野のニュースを読んでいきましょう。

とくに、紙媒体の英字新聞の場合「お金を払って買ったのに、1ページしか読まないなんてもったいない!」と思い、全部読もうとしてしまう傾向がありますが、ネットで読める無料の記事であっても同様です。

日本語の新聞を読む場合を想像してください。一面から最後のテレビ欄まで隅から隅まで全て読みきっているという人はほとんどいないはずです。記事の見出しや写真を見て、気になったものを選んでいるのではないでしょうか。

自分が興味のある分野や知識がある分野であれば、英語記事を読んでまったく理解ができないということはないでしょう。 

大切なのは毎日続けていくことなので、無理のない分量を読み切る習慣を付けていくためにも、読む記事は厳選していってください。

毎日続ける

英語力アップのためには、毎日続けて英字新聞を読みましょう。気が向いた時だけ読むのではあまり意味がありません。毎日5分でも構わないので、英字新聞を読むことが習慣になるまでは意識して読むように心がけましょう。

一般的には習慣が身につくまでは21日間かかると言われています。挫折しないように、簡単すぎると感じる記事からはじめても構いません。とにかく、継続させていけるように取り組んでいってください。

英字新聞独特の書き方に慣れる

英字新聞は、限られた文字数で的確に内容を伝える必要があるため、一般のエッセイや小説などとは書き方が異なります。

具体的には、冒頭で何があったかについて簡潔に説明されるため、まずは最初の文章を理解することが大切です。そして、見出しにも特徴があります。英字新聞では「動詞の現在形が過去を表し、過去形は受け身を表す」ことを覚えておいてください。

たとえば、”Expo 2020 Opens in Dubai After Years of Planning”であれば、opensと現在形になっていますが、「ドバイで2020年万博が開催された」と過去形の意味になります。

また、”Tokyo Named Best City to Be a Student”ではNamedと過去形になっていますが、「東京は学生にとってもっとも良い都市に選ばれました」と、受け身の意味になります。

多読だけではなく精読も行う

英字新聞を毎日読んでいくことでリーディング力のアップにつながっていきますが、ただ漫然と読むのではなく、できれば定期的に深く読みたい記事を選び、精読を行ってください。

具体的にはネット配信の音声素材を利用し、リスニングの練習をしたり、リピーティングやディクテーションの練習をしていくと良いでしょう。もしわからない単語があれば、ノートにまとめて覚えるなどしていくと、ボキャブラリー力もつくのでお勧めです。

すべての記事を精読するのは時間がかかりすぎてしまうため、自分が興味を持った記事の中で、7~8割程度は理解できるが単語がちょっと分からない、少し難しい言い回しがあるといった記事を選ぶのがベストです。

英字新聞が無料で読めるサイトってある?おすすめをまとめてみた

英字新聞が無料で読めるサイトはたくさんありますが、以下で年齢別や英語レベル別に分けて、お勧めのサイトを紹介していきます。

DMM英会話のデイリーニュース

DMM英会話が提供する学習教材ですが、会員でなくても無料ですべてのコンテンツが利用できます。

ニュースは毎日更新され、以下の9つのジャンルに分かれています。

Science & Technology(科学技術)、Culture & Entertainment(カルチャーとエンタメ)、Economy & Business(経済とビジネス)、Health(健康)、Language & Education(言語と教育)、Asia & Pacific(アジアと太平洋)、USA & Americas(アメリカ合衆国)、Europe(ヨーロッパ)、Middle East & Africa(中東とアフリカ)

記事の下に5(易)~10(難)までの数字が書かれていますが、これは難易度を示しています。5と6がintermediateで、7と8がAdvanced。9と10がProficientとなっており分かりやすいです。

英文を読む前にまず重要単語の説明があるため、未知の単語があれば覚えておく目安にもなるでしょう。

また、とても便利な機能として日本語翻訳があります。レベル5、6の記事限定ですが、右上に表示される「翻訳を表示」をオンにすると、英文記事はもちろん、その後のエクササイズの英文もすべて日本語で表示されるため、意味がよくわからない場合には利用しましょう。

PHILOSニュース英語のブログ

ニュース英語を素材にリスニングに重点を置き、コミュニケーションに役立つ英語を身に付ける茅ヶ崎方式のスクールを運営しているPHILOSによる学習サイトです。

「今週のリスニング」では、1か月に3記事のペースでその時々で話題になっているニュースが取り上げられます。ニュース音声と著者による日本語コラムが掲載されていますが、英文スクリプトの掲載はないため、英語上級者もしくは、上級レベルを目指す中級者向きと言えるでしょう。

また、「クローズアップワード」では月2~4回のペースで旬の話題が取り上げられ、重要単語の解説を交えながら、英文記事が読み解かれています。

政治や経済に関連する出来事はもちろん、「セミの食用にはご注意を」といったテーマが取り上げられていることもあり、英語中上級者が一般的なニュース以外のテーマにも触れてみたい場合にお勧めです。

無料で読める中学生・高校生向けの英字新聞が読めるサイト

中学生や高校生レベルの英語力で理解できる英字新聞サイトを紹介していきます。時事ニュースに興味がない場合でも、生活や文化に関する記事を読むこともできますので参考にしてください。

やさしく読める英語ニュース

やさしく読める英語ニュース

更新は2週間に1度、2記事ずつですが、中学校レベルの語彙力でも記事を読めるように、分かりやすく編集された英文記事が掲載されています。

スポーツ、政治、生活・文化、科学、経済のカテゴリーに分かれており、記事タイトルは日本語で表示されているため、英文記事を初めて読もうという人でも抵抗感なしに取り組めるでしょう。

難しい単語については「キーワード」で意味が説明されており、重要単語は赤字で表示されているため、大切なポイントを見逃すことがないのも特徴です。

音声も付属しており、ダウンロードも可能です。また、聞き取り問題も用意されており、穴埋め問題を解きながらリスニングの理解度をチェックできます。

TIME for KIDS

K1~6年生(アメリカでは幼稚園年長~6年生)向けの英語記事を読むことができます。

すべての記事ではありませんが、タイトル下にスピーカーのマークが付いている場合はダウンロードも可能です。記事ページでRead Aloudと書かれている部分をクリックすると音声が流れます。再生速度も変更可能なので、聞き取れない場合はスロースピードで再生するのもよいでしょう。

子供向けに編集された記事のため、使われているボキャブラリーや表現方法にも難しすぎるものはなく、安心して利用できるサイトです。

ニュースで英語術

ニュースで英語術

NHKが提供しているラジオ番組のサイトです。本放送を視聴できない場合でも、サイト内にある動画でニュースの内容を確認できます。

それぞれの動画にニュースのスクリプト(英語・日本語)が付属しているため、動画を見てリスニングした後にスクリプトで内容を確認しましょう。

音声を流しながらシャドーイングしたりなど、リスニングやスピーキングの練習にも活用できます。

The Japan Times for Alpha

以前は、「週刊ST」として英語学習者に人気があった週刊英字新聞です。基本的には、有料で紙媒体の新聞を購読している人向けのサイトですが、一部の記事は無料で読むことができます。

無料で読める記事に関しては、和訳はもちろん、文法や単語を解説しているリーディング講座も読めるため、英語学習をしている中学生や高校生にはとてもお勧めです。

大学受験生・大学生におすすめの英字新聞が読めるサイト

大学受験を控えた高校生や大学生におすすめの英字新聞サイトは以下になります。日本や海外のニュースに興味がある場合は、ぜひ利用してみてください。

NHK World-Japan

NHK World-Japan

NHKが日本やアジアのニュースを海外向けに公開しています。NHKのアナウンサーがハッキリとした発音で話しているため、とても聞き取りやすいです。

時事トピックや最新のニュースを英語で理解したいと思う人にお勧めです。

The Mainichi

「The Mainichi」は、毎日新聞の英語版です。記事の右上にある「Japanese version」をクリックすると、日本語版が表示され、すぐに内容が把握できます。

日本語版と英語版を見比べて学習することもできるため、英語力に合わせて利用していきましょう。

The Asahi Shimbun

The Asahi Shimbun

朝日新聞の英語版です。日本のニュースはもちろん朝鮮半島や中国、その他アジアのニュースも充実しています。

先ほどご紹介した「The Mainichi」と、同じテーマでもどのように記事を取り上げているか、違いについて見比べてみるのも面白いかもしれません。

The Japan Times

The Japan Times

読売新聞社が発行しているThe Japan Timesは、日本で一番歴史のある英字新聞です。

基本的には紙媒体の新聞を有料購読することになりますが、オンラインではPremiumというタグが付いていない記事については無料で読むことができます。

英語圏で英字新聞が無料で読めるサイト

英語圏に住むネイティブスピーカー用の英字新聞サイトの中にも、無料で利用できるものがあります。

多くは一部の記事のみが無料ですが、英語力に自信のある人はぜひ本場の英字新聞にチャレンジしてみましょう。

USA Today

アメリカで一番販売数の多い新聞であるUSA Today。どのような教育レベルの人でも問題なく読めるような平易な英語で書かれているのが特徴です。

いきなり本場の英字新聞にチャレンジするのは敷居が高いと感じている場合は、まずはUSA Todayから読み始めることをお勧めします。

The New York Times

The New York Times

有名新聞であるThe New York Timesでも、一部の記事を無料で公開しています。

NIKKEI ASIA

日経新聞の英語版である「NIKKEI ASIA」では、さまざまな地域のビジネスニュースを読むことができます。

上級者向けおすすめの英字新聞サイト

以下で、英語上級者向けにお勧めのイギリスの英字新聞サイトを2つ紹介します。

時事ニュースはもちろん、芸能やエンターテインメント、ゴシップ記事などさまざまなジャンルが取り上げられています。興味に応じて読んでいきましょう。 

The Guardian

イギリスの日刊新聞、The Guardianではオンラインですべての記事を無料で読むことができます。

イギリス版だけではなく、アメリカ版、オーストラリア版、国際版から選択することができるので、なじみ深い話題を中心に読みたい場合は、国際版(International edition)を選択するとよいでしょう。

Mail Online

Mail Online

イギリスの大衆新聞のサイトです。芸能ネタやゴシップネタなどが多く取り上げられているため、エンターテインメントなどに興味がある人にとっては、楽しく読める記事が多くあります。

英字新聞に関する疑問

ここまで英字新聞のメリットや学習効果を高める方法、ネット上で無料で読むことができる英字新聞サイトについてご紹介してきました。

以下で、よくある英字新聞に関する疑問とその答えについてまとめましたのでご覧ください。

Q
英字新聞はどこで買える?コンビニにも売ってる?
A

英字新聞は、コンビニや書店、駅の売店などで販売されています。無料の英字新聞サイトだけでは物足りなくなったら、ぜひ紙媒体の英字新聞を買ってみるのも良いですね。

いきなり定期購読をするのではなく、一部から購入できるため気軽に買うことができます。

Q
音声付きの英字新聞ってありますか?
A

先ほどご紹介した英字新聞サイトの中に、リスニング用の音声が掲載されているサイトもあります。

音声素材を使ってリスニングやディクテーションの練習などをしながら、上手に活用してください。

Q
英字新聞はコピー、印刷することは著作権違反になりますか?
A

個人が楽しみの範囲でコピーを取ったり、印刷してノートに貼り、自己学習に活かす場合は著作権違反にはなりません。

しかし許可なくコピーを取って配布し、授業に利用したりすることは禁止されています。学校や塾の授業などで利用する場合には、必ず事前に使用 OKと書かれている素材を利用するか、許可を取ってから利用するようにしてください。

英字新聞を上手に使って英語力をアップさせよう!

毎日世界各地で起こる様々な事件やニュースについて知ることができる英字新聞。上手に使うことで英語力をアップさせることができるのはもちろん、さまざまな知識も身につき教養も深まります。

英語の勉強のために英字新聞を利用しようと思ったことがきっかけでも構いません。是非毎日英字新聞に触れて、世界のさまざまな話題に興味を持ち、自分の枠を広げていってください。

楽しみながら英字新聞を読んでいくことで、気づけばリーディング力を始めとした英語力も大幅にアップすることでしょう。 

コメント