トライズの教材やカリキュラムの内容は?勉強方法はどのように進んでいく?

トライズの教材やカリキュラムの内容は?勉強方法はどのように進んでいく?トライズ

トライズの評判を聞いて、興味を持つ人は多いでしょう。しかし、コーチング英会話というスタイルに馴染みがないと、使われる教材やカリキュラムに不安を感じる人もいるかもしれませんね。

そもそもコーチング英会話ではどんな学習をするのかよくわからないという人もいるでしょう。

そこでこの記事では、トライズで使われる教材やカリキュラムについてまとめてみました。どんな教材が選ばれ、どのように学習が進んでいくのか詳しくご紹介していきます。




トライズのコースはどんな種類がある?

トライズでは個人向けに4つのコースが開設されています。それにプラスして、トライズのコースを修了した人向けの継続コースもあり、コース修了後も学習を継続できる体制となっています。

まずはこれらのトライズのコースについて、どんなコースでどんな人向けなのかをご説明します。

英語コーチング本科

英語コーチング本科はトライズを代表するコースで、標準コースと言ってもいいでしょう。1年間で英語が話せるようになることを目的とするコースで、本格的に英語を話したい人向けの内容となっています。

全てのレベルの人に対応していますから、1年という短期間で英語を実用レベルで話せるようになりたい人すべてにおすすめです。

こちらのコースでは、専属のコンサルタントとネイティブコーチというダブルサポート体制で、受講生一人一人に合わせたオーダーメイド型のカリキュラムが提供されます。

学習内容は受講生のレベルや進捗度に合わせて決められていますから、レベルが合わなかったり、進行スピードが早すぎたりすることもなく、自分に合った効率のよい学習を進めて行けるでしょう。

インプットもアウトプットもバランスよく行うことになるので、英語の総合力がしっかり身に付きます。すでにある程度英語がわかる人は、このコースを選ぶと良いでしょう。

TOEIC対策プログラム

TOEIC対策プログラムは、その名のとおりTOEIC対策に特化したコースです。コンサルタントやコーチがつくのは、英語コーチング本科と同じですが、TOEIC対策ということでTOEICを熟知した日本人コンサルタント・コーチがダブル体制で受講生をサポートします。

学習内容もすべてTOEICスコアアップを目指したものとなっているので、英会話力よりもTOEICスコアアップを重視している人におすすめ。コース期間も2ヶ月と短めですから、挫折しづらいのもポイントです。

コース開始時には現在の実力や弱点などを割り出し、それを元にしたカリキュラムが組まれます。弱点を克服しながら、TOEICに関わる総合的な英語力も底上げ。

たった2ヶ月のコースで200点以上スコアアップしたという受講生もいるほど、かなり充実した内容になっています。

ただし、英語の基礎もまったくわからない人だと、まずTOEICの勉強をするのが大変ですから、初級レベルの実力をつけてから挑戦するのが良いでしょう。具体的にはTOEIC400点代以上の人におすすめのコースです。

大人のやり直し英語

英語コーチング本科も初心者から挑戦できるコースですが、本当に英語の基礎の基礎も忘れてしまって、中学英語の初歩ですらわからない……なんて人には、大人のやり直し英語というコースがおすすめです。

こちらはトライズの中で一番初心者向けに作られたコースで、専属のコンサルタントやコーチがついたり、受講生に合わせたカリキュラムが組まれるのは他のコースと変わりません。違うのは、英語の基礎力をしっかりつけるのが目的だということでしょう。

ですから、英語知識はあるけど英会話が全くできない……なんて場合だと、こちらのコースは不向きです。

学習期間は2ヶ月・3ヶ月・6ヶ月とありますが、どの期間の場合も英語が話せるようになることではなく、基礎力をつけることが目的のため、コース修了時に英語が話せるようになっているわけではありません。

それでも、将来的に英語が話せるようになるには、基礎がしっかりしていることが大事。その基礎すらあやふや……なんてときにぴったりのコースです。

ビジネス英語上級コース

ビジネス英語上級コースは、上級者向けに作られたコースです。自由自在に英語が操れるようになることを目的としたコースで、専属コンサルタントとネイティブコーチのダブルサポートの元、1日3時間の短期集中学習を進めていきます。

対応しているレベルはTOEIC900点程度と、とても高いのが特徴です。コース期間は3ヶ月間。上級者だと高い英語レベルがすでにあるため、効率的な学習をすることで3ヶ月でぐっとレベルアップができるのですね。

なかなかこのレベルの人に対応した英語コースというのはありませんから、さらに上を目指す上級者にとってはありがたいコースでしょう。コース修了時にはビジネスでしっかり通用するレベルになっているので、英語をフル活用して仕事をしたい人にもおすすめです。

英会話力をテストできるVERSANTで58点に到達できなかった場合、無料で受講期間を1ヶ月延長できる保証つきなのもポイント。58点というと十分ビジネスで通用するレベルですから、このコースがどれだけ上級者向きなのかがわかるでしょう。

継続コース

継続コースはこれまでご紹介したコースとは異なり、すでにトライズの1年の英語コーチングプログラムを受講した人限定でに、コース修了後も学習を継続できるように作られたコースです。

1年間のプログラムを終えたけれど、さらに英語力をアップさせたい、まだまだ学習を続けたいけど一人では不安……という時におすすめのコース。

他のコースとは違って、レッスンやサポートの回数を自分で選べるため、通常コースを受講中よりもペースを落とした学習も可能です。

もちろんコンサルタントとコーチによるダブルサポート体制なことは変わりません。

トライズの1年コースを終えたあとに、まだまだトライズで学習したい!という時は、検討してみても良いでしょう。

トライズでは教材を買う必要はある?どんな教材を使うの?

トライズではどのコースでも、受講生のレベルやニーズに合わせたカリキュラムが組まれます。

そのためなのか、トライズ独自に作られた教材はありません。その代わりに市販の教材の中から、一人一人の受講生にぴったりの教材をピックアップしてくれ、それを学習で使っていくことになります。

この市販教材は自分で購入することになりますが、一気にたくさんの教材を購入することはありませんから安心してくださいね。大抵の場合は種類や分野の異なる教材を2〜3冊ほど揃えて進めていくことになります。

どんな教材を使うかは、受講生のレベルやニーズ、弱点次第。入会前からどの教材を使うかはわかりませんから、事前に用意をする必要はありません。入会後に、指定された教材を指定された期日までに用意しておくことになります。

トライズでの英語学習が始まるまでの流れ

トライズには複数のコースがありますが、どのコースも英語学習が始まるまでの流れは大体同じです。ここではその流れを順序に沿ってまとめてみました。

  • STEP1
    まずは無料カウンセリング

    受講したいコースが決まっている場合も、迷っている場合も、まずは無料カウンセリングから始まります。トライズではこの無料カウンセリングなしでコースを開始することはできません。

    無料カウンセリングの時間は1時間〜1時間半ほど。この時間の中で、なぜ英語を学びたいのか、現在の英語レベルなどのヒアリング、そして生活サイクルやそれに合わせたトライズの学習スケジュール案などの話があります。

    かなりじっくりコース内容や学習ペースについての話を聞けるため、本当に続けていけるかどうかをじっくり考える機会にもなるでしょう。

    無料カウンセリングを受けたからといって、その日に入会しなければならないわけではありません。そのまま入会しないのもアリですし、少しゆっくり考えてから入会の連絡をすることもできます。

    自分に最適なコースも無料カウンセリング中に説明がありますから、入会時にはコースも決定しておきましょう。

  • STEP2
    専属コンサルタントとカリキュラム作成

    トライズに入会を決めて支払いの手続きも終了したら、まずは専属コンサルタントのヒアリングの元、学習内容や時間、そして使う教材などを決めていきます。専属コンサルタントは英語学習の専門家ですから、どんな人にでもぴったりのカリキュラムや教材を提案してくれるでしょう。

    ちなみにカリキュラムや教材については無料カウンセリング内で説明もありますが、ここでしっかり確定させることになります。

    カリキュラムが作成され、教材も決定したら、指定された教材を購入します。これで学習の準備は終了です。

  • STEP3
    1日3時間の英語学習開始

    受講の準備が整ったら、1日3時間の英語学習を開始します。学習をする日は毎日コンサルタントと連絡を取り合うことになるので、面倒だから勉強しない……ということがしづらいでしょう。

    コンサルタントとの連絡では、専用システムを使って学習報告をします。それに対して、コンサルタントからフィードバックがあるという形で、学習を進めていきます。

    その他に、ネイティブコーチとのプライベートレッスンや、受け放題のフリートークグループレッスンなどもあり、毎日英語漬けの日々を過ごすことになるのです。

トライズでの英語学習が始まってからの流れ

次に、トライズで英語学習が始まったら具体的にどんな学習をするのかをご説明します。

  • STEP1
    スピーキングやリスニングを中心とする自習での学習

    トライズでは週6で学習を進めていくことになります。この学習はスピーキングやリスニング、そしてレッスンの予習がメインとなっています。そして必要に応じて英文法についても学習していきます。

    週6で行う学習は、基本的にカリキュラムに沿った自習型の学習で、その進捗をコンサルタントに報告する形で進めていきます。

    1日3時間なので膨大な量に感じるかもしれませんが、移動中や昼休みなど隙間時間も効率よく使った時間割になっていて、意外と難なく進められるのが特徴です。

    机にずっと向かうわけではなく、リスニングやシャドーイングといったアクティブな学習が多いのも、続けやすいポイントですね。

  • STEP2
    グループや講師とマンツーマンで会話するレッスン式学習

    自習だけでは英会話力は伸びませんから、トライズではコースに専属のネイティブコーチとのマンツーマンレッスンや、グループレッスンが含まれています。このレッスンで英会話力を鍛えていきます。

    マンツーマンレッスンは、受講生のレベルや進捗度に合わせた内容になっていて、レッスン前には予習もカリキュラムに組み込まれています。

    それとは別に、受け放題のフリートークグループレッスンもありますから、より実践的な会話力を鍛えたいならこれを活用しない手はありませんね。

  • STEP3
    月1の試験で実力の伸びを確認

    トライズではただ学習を進めるだけではなく、月1で英会話試験VERSANTを受けることで、どれだけ英会話力がアップしているかをみていきます。

    毎月明確に数値としてレベルアップ度を確認できるため、モチベーションアップにも繋がるでしょう。

  • STEP4
    専属のコンサルタントとコーチが万全のサポート

    トライズでは専属のコンサルタントと、レッスンを担当する専属コーチというダブルサポート体制で学習を進めていきます。専属ですから、受講生の進捗度を正確に把握することができ、一緒に学習を進めているという連帯感も出てきます。

    コーチは基本的にはネイティブが担当しますが、受講生のレベルによっては日本人になることも。また逆にレベルが高い受講生だと、コンサルタントもネイティブが担当することもあります。

    万が一コンサルタントやコーチが合わない場合は、トライズのスタッフに相談すれば考慮してもらえます。トライズは担任制且つかなり密に連絡を取り合うことになるため、コンサルタントやコーチとの相性も大事。

    合わないコンサルタントやコーチと我慢して1年過ごす……なんてことにならないように、どうしても合わない場合は相談しましょう。

自分の目的に合わせて学習を始めることが英語学習における秘訣

今回ご紹介したとおり、トライズの教材やカリキュラムは受講生一人一人に合わせて設計されるオーダーメイド型です。つまり自分の目的やレベルに合わせた学習を進めていくことができるのですね。

目的によっては、標準コースである英語コーチング本科以外のコースが合っていることもあるはず。そのあたりも無料カウンセリングでじっくり話ができるのも魅力的です。

効率的な英語学習を進め、英会話力をモノにするためには、自分の目的に合った学習を始めることが大事。トライズなら、あらゆる目的やレベルにぴったりの学習ができるので、まずは無料カウンセリングで話を聞いてみてはいかがでしょうか。

コメント