フルーツフルイングリッシュの評判はどんな感じ?無料体験を受けた感想をまとめてみた

フルーツフルイングリッシュの無料体験を受けてみた

英語の勉強をしている方で、リスニングやリーディングは学生時代からたくさん勉強してきたけど、ライティングの経験がない、自信がないという方も多いのではないでしょうか。

なかなか学習の機会がない一方で、社会人になると、仕事や日常的な手続きなどの場面で、ライティングはリスニングやスピーキングと同じくらい必要で重要なスキルになります。

いざ必要になってからでは大変なので、ライティングスキルも早いうちから伸ばして起きたいですよね?

英語の上達にはアウトプットが大切です。

ライティングにおけるアウトプットの1つとして有効なのは「英文添削」をしてもらうこと。

英文添削とは、課題となる日本語の文章を英語で書いたものを、講師に添削してもらい、正しい文法を学ぶというものです。

そんな英文添削をしてくれるのが、今回紹介するフルーツフルイングリッシュです。

今回は無料体験を受けてみたので、サービス内容や実際に受けてみた感想を紹介したいと思います。

目次

フルーツフルイングリッシュってどんなサービスなの?

まずはフルーツフルイングリッシュのサービスについてです。

簡単に言うと、まず、受講者が英文を書きます。

それに対して講師の方が文法誤りや、自然な表現方法になっているかチェックしてくれます。

添削のコメントは受講者それぞれの提出物に対してもらえるので、一人一人に合わせた添削結果を受けとることができます。

なぜ修正されたのか解説がついているし、次回からどうすればいいのかが分かるので実力がついていくのが実感できます。

フルーツフルイングリッシュはなぜおすすめできる?

次に、フルーツフルイングリッシュのおすすめポイントをご紹介します。

大きく、4点ほどあると思っています。

inputだけでなくoutputも習慣化することができる

1点目は、inputだけでなく、outputも習慣化することができると言う点です。

英語学習の中には、例えば洋画をひたすら見続けるとか、洋書を読み続けるといった方法もあります。ただ、それではinputばかりとなっていてoutputの機会がありません。

学習に関する研究は数多くされており、現在ではインプット:アウトプットは3:7が黄金比であると言われています。

アウトプットを重視した学習のほうが、知識がより定着するのです。

このフルーツフルイングリッシュの英文添削はoutputが重要視されているため、効率的に英語力を身につけることができます。

ライティング力が向上し、英作文のスピードが上がる

2点目はライティング力が向上して英作文のスピードが上がるという点です。

ビジネス面では、メールや資料作成時に英文を書く機会が非常に多いです。

ですが、ライティングが正確にできたとしても、書くのが遅いと仕事に影響が及んでしまいます。

フルーツフルイングリッシュで繰り返し英文を書いていれば、早く、正確で自然な英文作成スキルが身につくので、ビジネスでの即戦力となると思います。

習慣化してしまった誤った理解や表現を正してもらえる

3点目は、 習慣化してしまった誤った理解や表現を正してもらえる点です。

英語を長期間勉強している人ほど、表現が習慣化してしまったり、誤った使い方を続けてしまうことがあります。

一度定着してしまった理解や表現を自分で直すのは難しいですが、英文添削という形で定期的に人に見てもらうことで、正しい英語を身につけ直すことができるのも良い点だと思います。

英文の表現方法のバリエーションを増やせる

4点目は、英文の表現方法のバリエーションを増やせるという点です。

実際に添削を受けてみてわかったのですが、添削結果には、たとえ自分が正しい表現でかけたとしても、さらに別の表現方法などを教えてもらえたりします。

英語は繰り返し同じ表現を使うことは良しとされておらず、同じ意味合いでも様々な言い方ができると英語力が高いとされます。

そういった面でも、英文添削で表現方法のバリエーションを増やすことができるのは非常に良いと思います。

フルーツフルイングリッシュの無料体験を受けてみた

それでは早速、無料体験の様子をお伝えしたいと思います。

会員登録をすると、無料体験のためのチケットが2枚もらえるので、このチケットを使って無料体験を受けてみました。

私が受けたのは、以下の課題【転職先での自己紹介】というものです。

ご参考までに、課題IDはS186029-C2-A9009でした。

課題の難易度や文章の文字数、詳細な解説の有無によって必要となるチケット数が異なりますが、私が受けたこの課題の場合、添削のみで1枚、解説ありで2枚でした。

課題の進め方

課題に対する文章は、オンライン画面で入力していきます。

課題ページでは、以下のような流れで構成されていました。

  1. 課題の内容
  2. 課題の作文を書く
  3. 添削内容の選択
  4. 添削オプション
  5. オーダーメイドテスト作成オプション
  6. インストラクターの選択
  7. エクスプレス指定
  8. 先生への質問・依頼事項
  9. サービスについてのアンケート(任意)

冒頭に課題文と、文章を作成するにあたってのポイントが書かれているので、多少英語の勉強をしたことがある方であればそれをヒントに、悩みすぎることなくかけると思います。

また、課題の作文は、1文ずつ入力が可能になっており、それぞれの文章に対して過去に同様の課題に取り組んだユーザが登録したヒントもみることができます。

このヒントですが、課題作成者ではなく、実際に受けた生徒側の目線で難しいポイントをヒントにしてくれているのが個人的に良いなと感じました。

添削内容の選択では、「添削のみ」か「解説あり」を選びます。私は解説まで欲しかったので、「解説あり」を選択しました。

添削オプションは、「間違いのみを添削してもらう(※代替表現等の指摘・指導はいらない場合)」をチェックボックスで選択する方式でした。私は代替表現も含めて指導していただきたいので、これは付けなかったです。

オーダーメイドテスト作成オプションは、追加でチケットを1枚使うことで添削結果に基づいて復習用のオーダーメイドテストを作ってくれるサービスです。

自分の間違いやすい表現などを繰り返し復習できると言う意味で有効だなと思います。

今回は2枚しかなかったので使えませんでしたが、今後利用する場合には使ってみたいと思いました。

インストラクターの選択では、無料でネイティブ、日本人のいずれかを選択することができます。

チケットを1枚追加すれば、添削してもらいたい具体的な講師をバイネームで選択することができます。過去に同じ講師に添削してもらっていて、続きでみてもらいたい場合には良いかもしれません。

今回は追加チケットはないので「ネイティブ」を選択しました。

エクスプレス指定では、24時間以内に返信をしてもらえるスーパーエクスプレス、48時間以内に返信してもらえるエクスプレスがあります。それぞれ2枚、1枚の追加チケットが必要です。

あとは先生への質問・依頼事項とアンケート(任意)を書けば提出することができます。

提出後からの平均返却時間は、ネイティブ講師の場合、1.36日程度、日本人講師の場合、1.04日程度との記載がありましたので比較的すぐ返ってきてくれるのは嬉しいですね。

実際、私の場合には夜23時頃に提出して、翌日の16時頃には返信が返ってきました。ネイティブ講師を選択)

作文自体は20分くらいで終わるボリュームだったので、毎日続けるにもちょうど良い分量だなと思います。

また、もし時間が取れず、途中までしかできない場合でも一時保存機能があるので途中から再開することができます。

返ってきた添削結果はどんな感じ?

添削結果もオンラインで参照することができます。

1つ1つの文章に対して、

  1. 回答例
  2. 自分の回答
  3. 添削結果(講師の方が書いた文章)
  4. 解説
  5. 評価

が返ってきました。

特に良かったポイントは、③添削結果(講師の方が書いた文章)と④解説です。

参考書などの独学の場合、①と②を突き合わせて勉強することになるのですが、全然違った構文を使っていた場合にはあまり回答例を見ても納得できない場合があったりします。

一方でフルーツフルイングリッシュの添削は、講師の方が自分の回答を元に、書いてくれるので、構文は同じものを使った上でネイティブだとどのように書くのかを知ることができ、差分をより正確に把握することができます。

また、④ではその差分に対してなぜそのように書かなければならないのかという考え方も教えてもらえるので、応用も効くのがよいなと思いました。

⑤の評価は、私の場合以下のような評価をもらいました。

  • Lv3 いいたいことは誤解なく伝わっています。ややぎこちない表現があります。
  • Lv4 ほとんどネイティブの書いた英文と同じレベルに達しています。
  • Lv5 PERFECT!

Lv4や5をもらえるとモチベーションも上がりますし、自信も付きますね!

フルーツフルイングリッシュの評判はどんな感じ?

次にフルーツフルイングリッシュの評判についてご紹介します。

今回は公式サイトから、3つほど引用して、それに対して実際に添削を受けた身としてコメントしていきたいと思います。

添削で指摘された箇所のコレクションこそが宝物です。

最初は1つの課題を完成させるにも、なかなか時間がかかりましたが、続けることでどんどんスピードは上がっています。

何より添削で指摘された箇所のコレクションこそが宝物です。

お客様の声
コメント

繰り返していけば、添削結果が溜まっていくので、自分が間違えやすいポイントやそれに対しての対策がわかってくると思います。

オンラインでいつでも好きな時に見返せるので、復習を繰り返していくうちにどんどんスピードが上がっていくというのも納得しました。

自分に自信が持てました。

自信のなかった英作文も、Nativeのレベルではないけれど自分が思っているほどひどいレベルでもないと分かり、少し自分に自信が持てました

お客様の声
コメント

これは私も同感で、自分のライティングスキルには自信がなく、本当にこれで合ってるのかな?と不安で実践の場では使えないこともあったのですが、今回お試しの添削結果が思ったよりも悪くなかったので、自信を持って実践で使えるなと思いました。

英検1級合格!

1年間ほど使って、作文力が大幅に上がり、英検1級に合格することができました。

お客様の声
コメント

英検ではライティングの試験があるので、そのための対策として使うと言うのも確かにアリだと思いました。

私の場合、英検は対策本を丸暗記するようなやり方をしていたのですが、それだと応用の効かない英語になってしまい、後悔した覚えがあります。

フルーツフルイングリッシュで学んだ表現であれば実践でも使えるものになるので、英検対策をしつつ、実用的な英語スキルを身につけることができるのも良いなと思いました。

英文添削の料金はどれくらい?

次に、気になる料金についてご紹介です。

フルーツフルイングリッシュには料金プランが多数ありますが、今回は最も基本的な英文添削の料金について、まとめてみました。

1番安いプランだと、チケット5枚で2750円となっており、まとめ買いをする毎にお得になっていきます。

1週間に1回、添削付きの英作文に取り組む場合、1回あたり2枚チケットを消費することになるので、月に8枚必要です。

40枚プランで22000円なので、5ヶ月で割ると月に4400円となります。まとめ買いをすればさらにお得に買えますし、ネイティブ講師の添削付きでこれならお手頃なのではと思いました。

コース名英作文チケット(添削回数)価格
英作文チケット120120枚+20枚(ボーナス)66,000円
英作文チケット8080枚+10枚(ボーナス)44,000円
英作文チケット4040枚22,000円
英作文チケット 55枚2,750円

フルーツフルイングリッシュはこんな人におすすめ!

  • 独学に限界を感じている
  • 英検やTOEICの取得を目指している
  • 文法に自信がなく不安
  • 英文でメールを送ることがある
  • 安価で英文添削を受けたい

今回は実際にフルーツフルイングリッシュの体験コースを受けてみたレビューをご紹介しました。

課題のバリエーションは豊富で、添削も丁寧かつ分かりやすかったので、上記に書いたような悩みに当てはまる方は一度試してみることをおすすめします!

英検の攻略情報を発信中

Genglishでは英検取得に向けた学習方法やテスト受験時のコツなどをラインで配信しています。

試験前の無料セミナーや二次試験対策も実施予定。

※本記事はGenglish(ドメイン所有者:株式会社ウェブカラ)と提携する企業のPR情報を含んでおります。
※本記事で掲載する内容は一般的な英語学習の情報提供を目的としており、英語学習サービスの利用を斡旋をするものではありません。
※当サイトに掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※当サイトへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※当サイトで紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

純ジャパバイリンガル早大生/高校時代英語全国1位、TOEIC965点、英検1級/ 純ジャパ・留学経験なし・海外経験なし・凡人でも独学で英語をマスターする方法について発信/17000語覚えた英単語暗記法&正しい努力で超効率的な勉強をする方法▶︎noteへ




コメント

コメントする

目次
閉じる