英検準二級の単語を完全攻略!頻出単語や塾語、単語帳なども紹介します。

英検準二級の単語を完全攻略!頻出単語や塾語、単語帳なども紹介します。英検準二級

この記事を読んでいるあなたは「英検準二級に合格したい!」と強く感じているはず。

英検準二級の合格を確実に勝ち取るためには「頻出単語の暗記」が必須です。

そこでこの記事では、

  • 英検準二級の単語難易度
  • 頻出単語や熟語
  • おすすめの単語帳
  • 単語の覚え方

などを詳しく解説していきます。

これから英検準二級の単語勉強をスタートさせる方は、ぜひ参考にしてみてください。




英検準二級に出題される単語の難易度は?

英検準二級で出てくる英単語のレベルはどのくらいなのでしょうか?

この章で詳しく解説していきます。

単語レベルは「高校中級程度」

英検準二級に登場する単語のレベルは「高校中級程度」です。

大学の入試試験(共通テスト)で出題されるレベルと言い換えることもできます。

英検3級と比べると単語の難易度が一段階上がるため、単語対策により力を入れなければいけません。

英検準二級を合格するためには、記事後半でおすすめする単語帳を使って「高校生が習う単語」をしっかり身につけるようにしましょう!

英検準二級のレベルについては「英検準二級のレベルや合格率はどれくらい?合格点を突破するための勉強法を完全解説!」という記事で詳しく解説しています。

必要な単語数は「2600~3600語」

英検準二級に必要な単語数は「2600~3600語」と言われています。

これを聞くと「え?そんなに覚えないと合格できないの?」と不安に感じてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

英検三級合格レベルの単語数がおよそ「1250~2100語」です。

そのため、現在の語彙数にプラスして「1500語」ほど覚えることができれば、準二級に必要な単語は十分身につくことになります。

英検準二級は単語問題が多い

英検準二級は「単語の意味が分からないと解けない問題」がたくさんあります。

実際の問題を見て確認してみましょう。

上の画像は、英検準二級で実際に出題された問題です。

このように、英検では単語の意味が分かっていないと答えられない問題が数多く出題される傾向にあります。

そのため、単語の勉強をおろそかにした状態で挑戦しても合格は難しいです。

絶対に覚えるべき英検準二級の単語一覧

ここでは、英検準二級合格のために「必ず覚えておかないといけない単語・熟語」を紹介します。

  • 英検準二級の頻出単語はどんなものか?
  • 今の自分はどのくらい頻出意味の意味が分かるか?

などを確認するためにも、ぜひ以下で挙げる単語・熟語をチェックしてみてください。

英検準二級の頻出単語

英検準二級でよく出てくる単語を掲載します。

【動詞】

  • accept→受け入れる
  • order→命令する/注文する
  • decide→決心する
  • bollow→借りる
  • remember→覚えている
  • confirm→確認する
  • describe→説明する
  • deny→否定する
  • practice→練習する
  • imagine→想像する
  • explore→探検する
  • maintain→維持する
  • memorize→暗記する
  • publish→出版する
  • organize→組織する
  • warn→警告する
  • translate→翻訳する

【名詞】

  • environment→環境
  • direction→方向/指図
  • company→会社/仲間
  • amount→量
  • neighbor→隣人
  • patient→患者
  • theater→劇場
  • garbage→ごみ
  • corner→角/隅
  • rule→ルール/決まり
  • result→結果
  • hunger→空腹
  • display→展示
  • pollution→汚染/公害

【副詞・形容詞】

  • additional→追加の
  • careless→不注意な
  • local→ある地域の/地方の
  • common→共通の
  • whole→全体の
  • thick→厚い
  • especially→特に
  • finally→最終的に
  • probably→たぶん
  • loudly→大声で
  • gently→優しく
  • nearly→ほとんど
  • regularly→定期的に
  • actually→実際に

上記が英検準二級頻出の単語です。

いかがでしょうか?

それぞれの単語の意味は分かりましたか?

英検準二級の頻出熟語

続いて、英検準二級でよく出てくる熟語を紹介します。

  • a few days→2,3日/数日
  • according to→~によれば
  • be aware of→〜に気づいている
  • be based on→ ~に基づいている
  • be likely to→〜しそうだ
  • find out→見つけ出す
  • in charge of→〜を担当して
  • in addition to→~に加えて
  • in stead of→〜の代わりに
  • make use of→〜を利用する
  • make fun of→〜をからかう
  • make sense of→〜 を理解する
  • no konger→もはや~でない
  • on time→時間通りに
  • one another→お互いに
  • pick up→拾い上げる
  • put off →〜を延期する
  • put up with→〜を我慢する
  • so far→今までのところ/そこまでは
  • take advantage of→〜を利用する
  • take part in→〜に参加する
  • take care of→〜の世話をする
  • upside down→逆さまに

こちらが頻出熟語です。

単語だけでなく熟語を覚えることで、より合格に近づきます。

英検準二級の単語帳を選ぶ際のポイント

ここまで、英検準二級の頻出単語・熟語や単語自体の難易度について説明してきました。

もしここまでの内容を見て「準二級レベルの単語に自信が無い」と感じた方は、今すぐ対策を行わなければいけません。

英検準二級の単語を習得するためには「専用の単語帳」が必要です。

この章では、単語帳選びのポイントを解説します。

英検用の単語帳か?

英検準二級に合格したいのであれば、必ず「英検用の単語帳」を選ぶようにしてください。

英検用の単語帳は「過去の出題傾向」などを参考に作成されており、英検本番で出題されやすい単語や熟語などが数多く収録されています。

そのため、準二級の頻出単語・熟語を効率よく勉強でき、合格に近づくことが可能です。

例文も記載されているか?

単語帳を選ぶ際には、「例文が記載されているか」も意識するようにしましょう。

その理由は、単語の意味だけでなく「単語の使い方」まで理解できるからです。

英検準二級にはライティングの試験もあります。

単語帳で勉強する際に「単語の使い方」まで覚えておけば、ライティング試験でその知識を活かすことができ、合格に近づくでしょう。

音声はあるか?

多くの方が、「英単語と日本語訳を交互に読んでも覚えられない」という経験をされているのではないでしょうか?

単語帳を読んでいるだけでは暗記が進まないという方は、「音声」を利用して違う刺激を入れることも大切です。

音声ダウンロードが可能な単語帳を購入すれば、いつでもどこでも単語音声を聞くことができるので、慣れや飽きを避けて単語勉強を継続することができます。

英検準二級のおすすめ単語帳を紹介!

「結局どの単語帳を選べば良いの?」という方のために、先程紹介したポイントも満たすおすすめの単語帳をご紹介します。

英検準二級対策におすすめの英単語帳は以下の3つです↓

  • 英検準2級 でる順パス単
  • 1語1秒英単語【英検準2級】
  • 英検ランク順 – 英検準2級 英単語 1550

英検準2級 でる順パス単

「英検準2級 でる順パス単」は、過去5年分の英検過去問を分析して作られた単語帳で、本番で良く出題される英単語を効率よく学習することができます。

収録されている単熟語数は「1,500語」で、会話表現と英作文表現が合わせて「132個」掲載されています。

おすすめポイント
  • 「でる順」で作られているから効率よく学習できる
  • 音声ダウンロード・アプリに対応している
  • 「テスト」がついているので学習内容を覚えているか確認できる

1語1秒英単語【英検準2級】

こちらの単語帳はSTEP形式で学習を進めることで、英検準二級の頻出単語を効率よく覚えることができるような構成になっています。

単語学習のコツをイラストで解説するなど、単語学習が苦手な方でも安心して学習できる設計になっている点がおすすめポイントです。

おすすめポイント
  • STEP形式で構成されており、効率よく単語学習ができる
  • 例文付きなのでライティング対策にも活用可能
  • イラストやフレーズを見て楽しく復習できる

英検ランク順 – 英検準2級 英単語 1550

「英検ランク順」は、本番の英検で出題されやすい単語・熟語・会話表現をランク順に掲載している単語帳です。

過去問を分析し、本当に出題される単語のみを厳選しているため、英検準二級に効率よく合格したい方におすすめの1冊です。

おすすめポイント
  • 覚えた単語などを復習できる無料アプリがある
  • 音声ダウンロードできるのでスキマ時間に単語学習が可能
  • 単語や熟語がランク順に掲載されているため時間がない人でも安心

英検準二級単語の覚え方

この記事をご覧になっている多くの方が「英単語を覚えることが苦手」と感じているのではないでしょうか?

しかし、英検準二級に合格したいのであれば、単語の勉強は欠かすことができません。

すでに説明しているように、英検は頻出単語・熟語を覚えていないと解けない問題が多いからです。

そこでこの章では、「英検準二級に必要な単語の覚え方」を詳しく解説していきます。

  • 単語帳を使った勉強が苦手
  • どうしても英単語を暗記できない

という悩みを持つ方は、ぜひ参考にしてみてください。

準二級に出てくる単語を効率よく覚える手順は以下の通りです。

【単語を覚えるSTEP】

  1. 英単語勉強で大切なことを理解する
  2. 単語勉強のスケジュールを立てる
  3. 最初はとにかくスピーディーに勉強する
  4. 2回目以降は「苦手な単語」だけに時間を使う

単語は忘れるもの!復習が大事だと理解しよう!

単語学習を始める前に理解してもらいたいことが「単語は忘れるものだ」という事実です。

「単語帳を使って勉強しても覚えられない」と悩んでいる方は、安心してください。

全員がその壁にぶつかります。

目に入った単語をすべて覚えられる人はいません。

では、どうして多くの英単語を覚えている人がいるのか?

それは「何度も繰り返し復習しているから」に他なりません。

適切なスケジュールを立て、正しい方法で学習すれば、あなたでも確実にたくさんの単語を覚えることが可能です!

単語勉強のスケジュールを立てる

「単語暗記は復習が大事」だと理解したら、単語勉強のスケジュールを立てていきましょう。

「この時間に単語学習をする」とあらかじめ決めておくことで、サボることなく単語暗記を進めることができます。

ここでは、単語学習スケジュールの例を紹介しておきます。

【スケジュール例】

  1. 覚えるべき単語数を計算する
    (準二級の単語帳はおよそ1,500語収録されている)
  2. 1週間でどのくらい覚えるか計算する
    (試験までの週÷覚えるべき単語数)
  3. 月・火・水曜日に「1回目の単語」を勉強する
  4. 木・金・土曜日に「復習」する
  5. この流れを試験日まで繰り返す

上記はあくまでも例ですが、これを参考にご自身に適したスケジュールを立ててみてください。

最初はとにかくスピーディーに勉強する

単語学習のスケジュールを大まかに設定したら、いよいよ単語帳を使った勉強に取り組んでいきます。

まず「1回目の学習」はとにかくスピーディーに進めるのがコツです。

「忘れても仕方が無い」という意識で、1つ1つテンポよく勉強していきましょう。

ちなみに、英検準二級の場合は「英単語の意味が理解できるか」が重要になってくるので、日本語訳を隠して暗記学習するようにしてください。

2回目以降は「苦手な単語」だけに時間を使う

1回目の学習が終わったら、勉強した箇所でどのくらい覚えているかチェックしてください。

すでに暗記できている単語に関しては、復習はあまり必要ありません。

1回目の学習では覚えることができなかった「苦手な単語」に重点を置いて復習しましょう。

非常に単純ではありますが、「1回目はスピーディーに勉強→2回目以降は苦手な単語だけを復習」という手順を繰り返していれば、しっかり単語を身につけることができます。

もしここまでの説明を読んでも「単語暗記に不安がある」と感じている方は、英単語の覚え方に特化した記事をご用意しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

<おすすめ記事>

【英単語の覚え方】1カ月で1000語を12週する超効率的な暗記法

こちらの記事を読めば、英検一級の単語問題で96%の正答率を出した単語暗記法が身につきます!

頻出単語をたくさん覚えて確実に合格を勝ち取ろう!

今回は、英検準二級の単語レベルや頻出単語、おすすめの単語帳、効率的な単語の覚え方などを解説してきました。

繰り返しになりますが、英検準二級に合格するには「単語の暗記」が必須です。

この記事の内容を参考にして、英検準二級によく出てくる単語・熟語をたくさん暗記するように勉強してみましょう!

この記事を書いた人
げんそー

純ジャパバイリンガル早大生/高校時代英語全国1位、TOEIC965点、英検1級/ 純ジャパ・留学経験なし・海外経験なし・凡人でも独学で英語をマスターする方法について発信/17000語覚えた英単語暗記法&正しい努力で超効率的な勉強をする方法▶︎noteへ

げんそーでちょっとだけ世界広げてみない?

※本記事はGenglish(ドメイン所有者:株式会社ウェブカラ)と提携する企業のPR情報を含んでおります。
※本記事で掲載する内容は一般的な英語学習の情報提供を目的としており、英語学習サービスの利用を斡旋をするものではありません。
※当サイトに掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※当サイトへのご意見やご指摘に関してはお問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。
※当サイトで紹介されている意見はあくまで個人的なものであり、企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。

コメント