「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

【英文法上級】英文法をマスターするのに超おすすめな問題集はこれだ。

英文法おすすめ参考書 リーディング

「英文法はある程度インプットして理解できるようになったし、問題も基礎的なやつはほとんど大丈夫!英文法の総仕上げをしたい

そんな方に英文法をアウトプットしまくって、マスターレベルまで到達できるような問題集、参考書を厳選して紹介します!

この記事では、いよいよ文法の総仕上げに入ろうとしている文法中級者の方に向けて最適な問題集を紹介していきます!

総仕上げの段階では、主にアウトプットがメインとなります。

そして、英文法の学習段階☟でいうとこの記事の対象者は、

①文法なんてまったく理解もしてない段階。
②理解はしていても、それを使いこなすことができないという段階。
➂理解したものを完全に使いこなせるという段階。

➁から➂の中間あたり2.5の段階にいるとします。

②の段階にいる方の英文法のレベルを三つに分けると

初級(偏差値40~55)中級(偏差値56~65)上級(偏差値66~)

となり中級から上級へステップアップしている段階です。

この記事を読んだら

・英文法学習を完成させる問題集が分かる
・英文法の総仕上げをした後にすべきことが分かる

notecontent

英文法の勉強方法

これまでほかの記事で紹介した英文法の勉強法についてまとめていきます。

以前の記事を読んでくださった方は読み進めていただいて大丈夫です。

そもそも英文法は必要?~英文法初心者に向けて~

この記事は、英文法学習記事の最後的な位置づけです。

これまで英文法学習に関しては、2つの記事を書いてきました。

一つ目は、☟の記事です。

この記事では、


Q:英文法学習ってなんで必要なの?
A:英文法は、英語というフィールドに立つために必要不可欠なルールだから必要。

Q:英文法の勉強はどのように進めたらいいの?
A: 英文法の学習及びレベルには三段階ある。

①文法なんてまったく理解もしてない段階。
②理解はしていても、それを使いこなすことができないという段階。
➂理解したものを完全に使いこなせるという段階。
この段階にあった教材を選ぼう。

Q:文法学習を始めるにあたって最初に何をすればいいの?
A:最初はインプットをして、人に説明できるレベルになろう。
 おすすめは【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服の関先生の講座。


という疑問に答えていきました。

英文法のアウトプットにお勧めな問題集

そして次の記事はこちらです。

この記事では、


Q:インプットはある程度できたので、次に何すればいい?
A:復習もできる問題集をやりましょう。
おすすめは、 英文法レベル別問題集 関正生の英文法ポラリス[1 標準レベル] です。

Q:問題数の多い問題集にいきなり取り組んだらダメなの?
A: インプットを終えた段階で、そのラスボスに取り組むと挫折する可能性爆上がりします。


という疑問に答えていきました。

これまで初級段階として、スタディサプリで基礎を固めてその次に 英文法レベル別問題集 関正生の英文法ポラリス[1 標準レベル] で着実に実力を上げ、その次にまたスタディサプリに戻り一つ上のレベルをインプットしてきたと思います。

これまでしてきたこと

スタサプ標準レベル
レベル別問題集
スタサプのもう一つ上のレベル
レベル別問題集

英文法マスターおすすめ参考書

それではここから、英文法マスターとなり英文法学習の第三段階に行くにはどうしたらよいのか具体的な解決策を提示していきます!

頻出英文法・語法1000

一つ目は、全解説頻出英文法・語法問題1000です。

この問題集は、最後の総仕上げにピッタリな一冊です。

これを完璧にすることができれば、文法問題はもう怖いものなしです。

この問題集の良いところ

  • 問題と解答が切り離されている。( 問題を解いてる際に同じページに書いてある情報がヒントになったりすることがなくなる)
  • 問題のレベル分けがされている。(基本・標準・発展の3段階)
  • 正誤指摘問題、整序問題がある(文法の幅広いアウトプットができる)

VINTAGE

二冊目は、英文法・語法Vintage

この本は、自分が高校生の頃学校からいやいや支給された、鈍器になりそうな分厚い問題集です。

最初は、なんか分厚くていやだなと思ってたのですが、こいつ使えるやつです。

自分がある程度、文法のインプットを終えた段階でそれなりにアウトプットをした段階でこれをあると、こいつの良さが分かりました。

この問題集の良いところ

  • 解説がいい!(「着眼点」→「文法の解説」→「問題の解法」の流れで設問を解くポイントを明確でわかりやすい。 )
  • 英文法・語法・イディオム・会話表現・発音など様々な問題でアウトプットできる。
  • 問題数が半端ない(約1500問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 はTOEICにでる文法問題を集めた問題集です。

これまで英文法の基礎は、おそらく身についてきているので、その身についている英文法はおそらくどの試験でも通用すると思います。

大学受験の参考書や問題集を進めていたのは、多くの参考書がその他の試験(TOEIC英検など)のやつより解説が桁違いで詳しく体系的にわかりやすく書いてあるからです。

英語の基礎力を見に着けるのに、大学受験の参考書や問題集は最適です。

詳しくは下のリンクを参照してください。

受験英語が英語力向上に最適な理由⇒ https://gensoudiary.com/bestenglishsolution/

それではなぜTOEICの問題集をここで勧めるのか?

それは、基礎力が身についているのでどの試験でもその能力が通用するのか試してみてほしいからです。

自分はTOEIC文法問題集なるものは買っていません。

それでも大学受験で鍛えてきた文法力があったので、965点を取ることができました。

TOEICを英語力向上の目安として勉強されている方は、ぜひやってみるといいです。

全解説実力判定英文法ファイナル問題集

最後にお勧めなのが、全解説実力判定英文法ファイナル問題集です。

この本は、発売日がめちゃ古いというのがネックですがまだまだ使えます!

英文法は20年ちょっとで変わることはそれほどないので、出題されている事項が誤りになることはありません。

総仕上げをするには、ピカイチです。

この問題集の良いところ

  • ランダムの問題出題(文法の種類わけがされていないので、リアルに文法をアウトプットできる)
  • 1回が50問と反復して取り組みやすい。(テスト形式で楽しい)

英文法参考書が全部終わったら?

以上が、英文法を学ぶのにおすすめな問題集たちでした。

自分に合ったものを一冊選んで取り組んでみましょう!

これまで紹介したサービスや参考書を全部きちんとやることができれば絶対文法は克服できるようになっているはずです。むしろ得意分野になっています。

それでは英文法を終えたら何をすべきか?

それは、英文解釈です!

英語の学習プロセスは大まかにいうと

「発音→英単語→英文法→英文解釈→長文」

となっています。

次は英文解釈を極めていきましょう!

それでは、今度はあなたの番です!

この記事を読んで何かしらでもいいので、行動してみましょう。

行動しないと何も始まりません。

迷ったら即行動。これが重要です。

行動することによってしか人は成長できません。

コメント