「英単語の覚え方ひとつで、こんなに変わるの?!」ヘビロテ単語暗記法はこちら(note限定公開)

現役早大生(文化構想学部)がリアルなカレッジライフを告白…..!!!

その他

皆さんこんにちは!げんそーです。今回は、現役早大生としてリアルな早大生の生活をお伝えしていきたいと思います。なお私の所属している学部は「文化構想学部(通称:文構)」です。大学生活は結構人によって異なることがあるので一概にこれが大学生活だとは言えないので、高校生の時と今の比較などをしていきたいと思います。

早稲田に合格してあこがれのカレッジライフを送りたい方!大学生活が不安な方必見です!

notecontent

大学生の一年

まずは基本的な大学生の一年を紹介していきます。
結論から言うと大学生は高校生と比べると時間的にも金銭的にも余裕があり何か自分で熱中できるものを見つけそれに励んでるという感じになります。

上の画像が早稲田大学の大学歴と言って一年間の大学のスケジュールみたいなものです。これによると休み期間は
夏休み 8/3~9/20
冬休み 12/23~1/5
春休み 2/5~3/31
ゴールデンウィーク4/30~5/6
となり、これだけでもなんと126日あります!年の三分の一以上は休みですよ(いや学費高すぎ)

大学が人生の夏休みといわれるのはこういうことです。さすがに休みありすぎだって自分もこれを書いてる途中思いました(笑)

授業

続いて学校がある期間はどのような感じでしょうか?

例として自分の実際に履修している授業の時間割を取り上げてみたいと思います。

こちらが自分の時間割となります!授業は週に11コマだけで月曜、金曜、土日は休みの週休四日です。ちなみに2限は10:40から始まり6限は19:45に終わります。高校までの授業と比べ物にならないくらいスカスカの時間割ですね。


もう一つ注目してほしいのが授業の内容です。高校までは、英語・数学・物理・化学・国語などとなってましたが大学では、もっと具体的な講座名になってきます。(体験の言語化、リーダーシップの軌跡etc)


そして実はこの時間割、文化構想学部の必修科目は3授業しかありません。残りの授業は全部自由科目で自分で取ることができます!いかに自分の好きを見つけることができるかですね。

時間割は学部によって変わりますのであくまでも文化構想学部に進んだらこういう感じなんだって考えてください。(理系の建築学部はめっちゃくちゃ忙しいらしいです。)

大学生と言ったら

休みも長い、授業があるときも週休4日。。。じゃあその余った時間何をしてるんだ?!ってなると思います。そうみんなバイトやインターン、サークルや自分の趣味など各々好きなことをしています。

バイト、インターン

アルバイト

大学生といったらバイトやインターンという人がいるくらい大学生では人気の選択です。
やはり教育系が人気で、塾講師家庭教師をやる人は多いですが意外とお金もらえないらしいです(授業以外の仕事の時給がやばいらしい)
その他には、飲食店でバイトする人や短期でイベントスタッフなど様々います。大体どこも時給は1000~1500というところが多いです。

大学生がもらえる時給は大体1000~2000円くらいで、特別な経験やスキルがある人だと2000円超えたりしてくる仕事もあります。

かく言う自分は日本料理屋さんで1年2カ月、大学近辺の飲食店(6か月)宅配営業で1か月(短期)、オンライン英会話講師(2019年3月から)をやってきました。

インターン

最近ではインターンも働き方として有名になってきました。そもそもインターンとは何かについて知らない方も多いかもしれませんのでwikioediaから


インターンシップ(英: Internship)とは、特定の職の経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間のこと。日本においては、大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどで、3年秋から本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もある。

Wikipedia

要するに企業に入って働いてみるということです。インターンには長期と短期があります。短期は簡単に言うと会社の説明会のようなのがメインで実際に仕事をするわけではないところが多いです。

インターンができるところは比較的企業規模が小さいところやベンチャー企業が多いです。
自分の将来就きたい仕事が実際どのような感じなのか、社会人とはどのような感じなのか身をもって知ることができるいい機会です。
インターンで得られるのは基本的なパソコンの使い方、ビジネスマナー、など基本的に会社の雑用みたいな感じになってしまうことが多いですが将来を考えるいいきっかけになると思います。

個人的にいいなと思っているのはプログラミングが学べるインターンです。将来IT人材が不足していくといわれる中でお金をもらえながら学べるのは素晴らしいと思います。(スクールに通うとなると20万円くらい必要)

サークル

そして最後にサークルです。ほとんどの大学生が入っているといっても過言ではないです。
アカデミックなものからダンスサークル、国際交流サークルや実態がつかめないやばいサークルなど様々です。

サークル次第で大学生活が変わります(断言)自分にあったぴったりのサークルを見つけましょう。

↑が自分が所属している英会話国際交流サークルです!様々な人々がいて実に楽しい経験をさせてもらっています。

以下リンクが早稲田の公認サークルのリンクです。公認サークルおよそ550ほどのサークルがありますので好きなことをやれる環境が整っています!

早稲田大学公認サークルガイド
早稲田大学にある約550の公認サークルの中から、あなたにぴったりの団体を見つけよう!

まとめ

以上が大学生活の簡単な紹介になります。読んでくれた方が少しでも大学生活をイメージできましたら幸いです。それではまた!See you soon!!!

コメント